運転免許不要の中国「低速EV」新基準でも残る課題

製品品質に差があることが問題視されていた

長年グレーゾーンとなっていた低速EVの規制上の位置づけが明確化される(写真は低速EVメーカーの御捷汽車のウェブサイトより)

中国で長年にわたりグレーゾーンの商品と見なされていた「低速EV(電気自動車)」の規制上の位置づけが明確化される。6月17日、中国工業情報化省はEV乗用車の技術基準を定めたガイドラインの改定案を公表し、パブリックコメントを募った。改定案には、低速EVに関する新しい基準案が盛り込まれている。施行後に低速EVは、工業情報化省が管轄するEV乗用車の規制の枠組みに組み込まれることになる。

一般的には、低速EVとは最高時速70キロメートル以下で、駆動用電源として鉛蓄電池を搭載する四輪車のことだ。外観は自動車に似ているものの、中国政府が定める自動車としての技術基準を満たしていないため、ナンバープレートは発給されない。法規上は自動車ではないので、ドライバーは運転免許を取得しなくても運転できる。多くの専門家の分析によると、低速EVは(交通管理当局による監督が比較的緩い)地方都市や農村で需要が旺盛で、直近の年間販売台数は100万台を超す。

しかし低速EVは、統一された技術基準に基づいて造られていないため、メーカーごとの品質の差が大きい。2018年に工業情報化省は、低速EVの安全面でのリスクを指摘した。当局が公式発表したデータによると、2013年から2018年までの間に中国全土で発生した低速EVによる交通事故は83万件に達し、1万8000人が死亡、18万6000人が負傷した。

低速EVの安全基準をEVと同等とする

前出の改定案では、低速EVの呼称を「マイクロ低速EV乗用車」とし、座席数は4席以下、最高時速は70キロメートル以下と定めた。さらに、車体の最大寸法や装備重量についても要件を明確化した。

本記事は「財新」の提供記事です

重要なポイントは、低速EVの安全基準を(国の技術基準に基づいて造られた)通常のEVと同等とするとした点だ。これにより(低速EVを生産するメーカーは)、国の多くの技術基準や車両衝突安全基準を満たす必要がある。

現状では、これらの安全基準をクリアできる低速EVメーカーは非常に少ない。仮に製造技術が合格レベルに達したとしても、工業情報化省から改めてEV製造の認可を得なければ、実際に生産することはできない。低速EVメーカーにとってはハードルが高く、大多数のメーカーが淘汰されることになりそうだ。

(財新記者:劉雨錕)
※原文の配信は6月17日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT