1年で激変!「命令」をやめた組織で起きたこと

米海軍で屈指の潜水艦艦長が見せた圧巻の改革

すると、ペレーズ艦長が私の横にやってきてこう言った。

「なら、やればいいじゃないか」

彼がそう言ったのは、ソナーでピンを打つには艦長の許可がいるとわかっているからだ。

私が気まずく感じているのを察して、艦長はさらにこう続けた。

「君がひと言、『艦長、訓練のためにソナーでピンを打ちます』と言えばいいじゃないか」

私は思い切って口を開いた。

「艦長、訓練のためにソナーでピンを打ちます」

艦長はひと言 「よろしい」と答えてその場を立ち去った。1人残された私は、初めて艦を動かす責任を担うことになった。

それからの30分 、ソナー室にいる全員が、代わる代わるソナーでできるあらゆる組み合わせを使ってピンを打ち、海面上で動いているものの正体を探った。ソナー員はいつもと違う操作を楽しんでいた。ソナー班の班長は、班員の訓練ができて喜んでいた。私も楽しかった。

一緒に働くチームを指揮する権力と能力が自分にあるという実感。それは私にとっての強壮剤となった。それからは、当直に就く時間を心待ちにするようになり、当直でない時間は勉強にあて、自分のチームでの訓練の新しいやり方を思い描いた。

ウィル・ロジャーズでの挫折

その後数年間は乗艦勤務から離れたが、1989年、弾道ミサイル搭載原子力潜水艦、ウィル・ロジャーズの機関科長として再び海に出ることになった。そのときの私は、リーダーシップのことはある程度わかっていると思っていた。だが実際は違った。

ウィル・ロジャーズでの勤務は散々だった。艦内は、絶望的なまでにトップダウン方式のリーダーシップに支配されていた。誰もがが、そこから逃げ出したかった。

その状況を変えるため、私は乗員がもっと艦の働きに関わるようにしたいと考え、権限の分散を試みた。私がそれまでに学んだ「部下を鼓舞し権限を手にできる」あらゆる方法を駆使したが、彼らの仕事ぶりや士気を高める効果はどれにもなかった。むしろそのせいで、もっと多くの問題を抱えるようになった。

何がいけなかったのか、私にはまったくわからず、しばらくすると、部下に分散させた権限を自分の元へ戻した。彼らだけにプロジェクトを任せることも、何かの決断を委ねることもいっさいしなくなった。

次ページ委ねるリーダーシップの勧め
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT