日本の株価はどれくらい「ヤバい」のか?

バブル継続か、それとも暴落か?

27日の中京記念は、サトノギャラント本命で

中京記念というと、長らく中京競馬場で2000メートルという条件で、しかも暑くない時期だったのだが、一昨年から真夏のマイル戦(1600メートル)に変わって、レースのイメージがすっかり変わってしまった。

左回りが得意で(少なくとも苦手でなく)、府中なら1400メートル~1800メートルに良積ありの馬が狙い目になるが、定量ならクラレントが強そうだ。前走は不良馬場で計算外として、前々走は1400メートルをいい時計で走っている。しかし、斤量57.5キログラムは同馬に無理はないとしても、少し背負わされた。今回は単穴とする。

斤量的に本命に狙ってみたいのは、重賞勝ちが無い分56キログラムで出られるサトノギャラントだ。差しが決まりやすいマイル戦で、速い上がりタイムが生きるのではないか。名牝スティンガーの息子で5歳になった。そろそろ重賞を勝たねばならない頃だろう。

対抗は、クラレント同様57.5キログラムを背負わされたがダイワマッジョーレとしたい。昨秋のスワン、マイルCSの連続2着の内容がいい。兄のハイアーゲームほど極端ではないが、左回りは得意だ。屋根もずっと乗っている蛯名ジョッキーで安心感がある。

押さえ候補も力は拮抗している。過去2年連覇に敬意を表してフラガラッハ、3歳ゆえの軽量を活かして飛んでくるかも知れないマイネルディアベル、GⅠ勝ちあるサダムパテックまで。

 本欄連載陣である山崎元さん、吉崎達彦さん、ぐっちーさんの鼎談「ヤバい日本経済」が、7月31日(木)待望の発売!
 今一番「ヤバい」3人が、脱デフレ後の日本経済と世界の行方を大胆に読み解きます。果たして日本株は一段のバブルに向かうのか、それとも暴落の憂き目にあうのか?
 2014年夏以降の株式相場を占ううえでも、ぜひ手にとっていただきたい1冊です。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT