商品ブームに陰、なぜリスクオフは起こったか

中国主導の需要抑制と米金融当局の利上げ示唆

商品ブームと言われているにもかかわらず、一部の商品相場は今年の上げを既に吐き出し、今後そうなりそうな市場も幾つかある。

インフレ懸念鎮静化がマイナス材料に

シカゴ商品取引所(CBOT)の大豆先物相場は2021年に入ってからの上昇分を失い、5月に付けた8年ぶり高値から約20%安。トウモロコシと小麦も数年ぶりの高値から下げに転じている。ブルームバーグ穀物スポット・サブ指数は17日、09年以来最大の下落率となった。白金も年初からの上げを消し、一時急伸していたニッケルや砂糖、材木も失速した。

FOMC前にインフレ懸念一過か、銅やトウモロコシなどが上昇一服

今週は一部の商品市場にとって、中国のインフレ抑制に向けた取り組みに加え、米金融当局が想定より早期の利上げ開始を示唆したことが打撃となった。ドルが上昇する中、ブルームバーグ商品指数は週間ベースで新型コロナウイルス禍が始まって以来の大幅な下げとなりそうだ。

次ページ中国政府が国有企業に国外の商品エクスポージャー抑制命じる
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT