FIREに大きく近づく「副業でブログ」を始める方法 「検索上位」に自分のブログが表示されるには?

印刷
A
A

たとえば私が「おいしいドッグフードに関する記事」を書いており、閲覧者が最初から最後まで読むような読み応えのある記事だとしましょう。この場合、検索エンジンが、「この記事はよい記事だ」と判断して検索上位に表示してくれます。それとともに、検索エンジンから「pontiyo.comは良質な記事をつくるサイトだ」という評価が貯まっていき、サイト自体が上位表示されやすくなります。このように独自のドメインを持っていると、自分のサイトに対する評価が積み上がり、無料ブログよりも収益を上げる可能性が高まります。

どんな記事を書けばいい?

ブログに書く内容を思いつかないという人もいるでしょう。私のおすすめは、「自分の趣味」や「最近自分がネットで検索したこと」をまとめた記事を書くことです。自分の趣味に関しては人よりも多くの知識を持っているので、リサーチの必要なく記事を書くことができます。また、もしあなたが投資について勉強している際に、「投資信託の買い方がわからない」と思って検索したとします。自分がわからなくてネットで検索した内容は、ほかの人も同じように「わからない」と思って検索しています。そのため、自分が「わからない」と思って調べたことを解決するような記事は需要があるということです。

『めざせFIRE!知識ゼロから経済的自由を勝ちとる』(主婦の友社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

また、「検索が多いキーワード」から記事を作成する方法もあります。多く検索されているキーワードは、そのキーワードについて知りたいと思う人が多い証拠です。「キーワードプランナー」「キーワードリサーチャー」などのキーワード取得ツールを使い、どのような検索ワードが存在するのかを調べ、キーワードに沿った記事を作成していきます。

記事を作成するうえでは、「役に立つか」を意識して書きましょう。単なる個人の日記は、よほどの有名人でもないかぎり需要はありません。一方で、「FIREの仕方」「ブログの始め方」などのハウツーは役に立つ記事です。多くの人が自分の「わからないこと」を解決するためにGoogle検索をするので、「役立つ記事」は需要があるのです。なんとなく記事を書くのではなく、役立つ記事、検索される内容に応じた記事を考えて書きましょう。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT