コロナ禍「副業でこっそり稼ぐ人」の快活な生計

在宅勤務の合間に、中にはアングラな稼ぎ方も

副業だけで月に40万円を稼ぐ猛者も(写真:NOV/PIXTA)

「本業のスキマ時間をブログアフィリエイトにつぎ込んで、ざっと月収40万円は稼げました」

ITコンサル会社で働く福田さん(仮名)は、コロナ禍で在宅勤務になったことを機に副業を始めました。自分でもびっくりするくらいの副収入を手にし、その表情には満面の笑みが漂っていました。

福田さんくらいに稼ぐのはレアケースだとしても、新型コロナウイルスにより、サラリーマンの副業熱は明らかに高まっています。在宅勤務で時間に余裕が生まれたこともありますが、勤務先の休業などによる収入減を補いたいという経済的背景も見逃せません。

リモートワークのスキマ時間に

転職SNSを運営するYOUTRUST(本社:東京都品川区)が実施した「新型コロナウイルスの影響下における働き方の実態・意識調査」では、リモートワークの影響によって「副業の仕事がやりやすくなった(43.6%)」「今後増えていくと思う(54.8%)」「副業意欲が高まった(43.3%)」と回答。データからも大副業時代の機運がうかがえます。

突然リモートで働くことになった“にわかテレワーカー”は、最初でこそリモートでの仕事に戸惑っていましたが、徐々に慣れてくると、ある程度自由に時間を使えるメリットに気がつきました。「仕事をする場所」(=かつての職場)と「休む場所」(=かつての自宅)の区別が曖昧になり、「スキマ時間」で何かをしたいという思いが高まってきたのです。

こうした可処分時間の増加といえば、その最たるものが通勤時間です。「通勤に使っていた時間がまるまる空いている。この時間をムダにしたくない」という衝動に駆られ、副業を始めたという声を多く聞きます。

副業したい人と企業をつなげるサービス「シューマツワーカー」(東京都渋谷区)が2019年12月にリリースした「副業系サービスカオスマップ」によると、掲載された副業は26ジャンル151サービス。初めてリリースした2017年の12ジャンル27サービスと比較すると、その急増ぶりが一目瞭然です。

次ページメルカリからユーチューブ、家事代行まで
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。