元ひきこもりが「友人関係」で悩まなくなった理由

“幸せ"な人生のレールに縛られなくていい

たとえば、私のような黒い白衣を着ている人はあまり多くありません。

15年前、この格好を拒絶する人はたくさんいました。受け入れてくれる人を探すというのは、とても難しいことでした。高専時代のクラスメイトに友だちはできなかったし、親は悲しみました。

黒い白衣を着た吉藤さん(写真:オリィ研究所)

そのときは、それが現実だと思いました。おかしいのは自分なのかもしれないと。もしあなたがが1万人に1人しか理解できない「好きなこと」を持っていたとしたら、小さなコミュニティの中でそれを周囲に理解してもらうのは難しいでしょう。

でも、ネットの世界は広いです。「それすごくいいね!」「僕もたったいま白衣を黒く染めたよ!」「僕は赤い白衣を作ったよ!」「緑の火炎放射器を撃つなら白より黒い白衣だよ!」と言ってくれる味わい深い変人たちと出会うことができました。ワクワクしました。

自分と気の合う人は必ずいる

場所や環境とは関係なく、自分とつながった感性の近い人。周囲とはわかり合えない価値観を共有できる彼らとはとても仲良しになれる可能性があります。実際に私もそうでした。いまでも関係は続いているし、中には多くの人が知るような活躍をしているような人もいます。

いまはもう、協調性や我慢によって友だちをつくらなくてはいけない時代じゃなくなりました。自分はこういう人間だと、自分の表現を外に向かって広く発信するか、あるいは勇気を出して新しいコミュニティに一歩飛び込んで発信してみましょう。

すると自分のことを面白しろいと思った人が声をかけてくれたり、あるいはこちらから話しかけたりする場合にも、自分がどんな人間なのか理解してもらったりしやすく、興味をもってもらえたら返信をもらえる機会が増えます。

そして自分の特性に合った、「なにをしたいか」がまだわからない人も、いろんな人と交流をすれば自然にはっきりしてきます。「あの時、あの場所にいてくれたおかげで、いまの自分はある」と多くの大人たちは言います。

15歳までひきこもりで、人と話すことが苦手だった私も、たくさんの気の合う、憧れる人たちと会うことができたことでいまの私があります。運が良かったんだろうと言われればそのとおりです。しかしよく考えてみれば、これだけ多くの人と会ってきたのに、合わない人の方が圧倒的に多かったので、むしろ運は悪い方だったのかもしれません。

これからどんな人と出会うかで、あなたの人生は大きく変わるでしょう。良い人と出会うためには、出会い方だけではなく、出会う数も大切です。トライ&エラー、たくさん試すことです。

自分をいじめたり、反対したり、無視したり、傷つけてくるのも人ですが、ほめてくれたり、才能だと言ってくれたり、価値を見出してくれて、自分が成長する機会を与えてくれるのも、また人なのです。

次ページ「将来なにになりたいか?」は意味のない質問
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT