内閣不信任案、否決で浮き彫りになった「茶番劇」

解散におびえる野党、枝野氏の「不信任案」も

その一方で、枝野氏の弱気は「次期衆院選で野党共闘態勢を構築することへの不安」(立憲幹部)が背景にあるとされる。特に主要野党の選挙を組織的に支える連合と共産の反目が、すべての小選挙区での野党統一候補擁立の大きな障害となり、菅首相らはそこに付け込んだ。

ただ、これまで野党に求められてきたのは「政権打倒に邁進する執念と覚悟」(立憲長老)だ。2020年9月の自民総裁選に出馬した石破茂元幹事長も13日の民放情報番組で、「(自民党は)3年3カ月、野党だったが、そのときに『世間からどんなに批判されようが、不信任案を出して解散に追い込め、そうでなければ野党の意味がない』とたたき込まれた」と枝野氏らの対応を皮肉った。

「会期末解散」はありえなかった

与党内では「菅首相は会期末の解散など考えてもいない」(公明幹部)との見方が支配的だった。仮に会期末に解散を断行しても、一部で取り沙汰された7月4日投開票の東京都議選との同日選は日程的に困難で、衆院選の投票日は最短で7月11日となる。

その場合、解散の時点で菅内閣は職務執行内閣となり、選挙を受けた特別国会召集と首相指名・組閣は7月下旬となる。まさに東京五輪の開幕と重なることになり「政治的にもありえない」(閣僚経験者)からだ。

こうした事情からも、菅首相や二階幹事長の一連の解散発言は「実態のない脅し」(自民長老)だったことは否定できない。4野党の不信任案提出を受け、二階幹事長は自民役員らに「菅首相から粛々と否決せよとの指示を受けた」と説明。解散におびえ続けた枝野氏らに「政治的戦略眼がなかった」(立憲若手)ことも浮き彫りとなった。

枝野氏らが不信任案提出の判断材料と位置づけていたのは、6月9日に2年ぶりに開催された与野党党首討論だった。しかし、枝野氏は東京五輪開催問題に絡めた不信任案を突き付けられず、菅首相も拍子抜けの表情だった。

次ページ3カ月の会期延長を支持する声も
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT