待望の「ゴルフ8」実車でわかったデザインの妙

受け継がれる“らしさ"と先進性の好バランス

今回、試乗した新型「ゴルフ e TSI アクティブ」(筆者撮影)
この記事の画像を見る(8枚)

クルマのフルモデルチェンジとひと口に言っても、一新レベルから熟成レベルまでいろいろある。パソコンや家電製品など多くの製品に共通することであるが、プラットフォーム、パワートレイン、デザインのすべてをゼロから開発したフルモデルチェンジは稀であり、一部を先代から受け継いだ例が多い。

6月15日に発表された、通算8代目となるフォルクスワーゲンの新型「ゴルフ(通称:ゴルフ8)」も例外ではない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

先代で初採用したMQBプラットフォームを継承しており、エンジンも先代の進化版だからだ。

MQBはゴルフのほか、「ポロ」から「パサート」まで、現在日本で販売しているフォルクスワーゲン車では、先代ゴルフの前に登場したミニバンの「シャラン」以外の全車種に使われている。

よって、ボディサイズは先代のゴルフ7からさほど変わっていない。全長4295mm×全幅1790mm×全高1475mmで、先代と比べると30mm長く、10mm狭く、5mm低くなった。全幅をゴルフの歴史上で初めて狭くし、2世代前と同じ数字に戻したことは、日本のユーザーにとってありがたい。

全高に関しては説明が必要だ。先代は途中のマイナーチェンジでアンテナ形状の変更もあり30mmも高くなっているからで、低くなったというより、前期型と後期型の中間に収まったというほうが適当だろう。

ホイールベースが短くなった理由

全長が伸びたのに対し、ホイールベースは15mm短い2620mmになった。これはワゴンの新型「ゴルフ・ヴァリアント」との差別化を図るためだ。ドイツで発表している新型ゴルフ・ヴァリアントのホイールベースは、逆に約50mm長くなっている。

本国ではすでに発表されている新型「ゴルフ・ヴァリアント」(写真:volkswagen)

Cセグメントと呼ばれるゴルフと同じクラスで、ハッチバックとワゴンの両方を持つ輸入車としてはほかにプジョー「308」がある。このクラスのプジョーは伝統的にハッチバックよりワゴンの「SW」のほうがホイールベースを長くとる。それに倣って差別化を図ってきたようだ。

スタイリングは、キャビンまわりについては先代に似ている。ジョルジェット・ジウジアーロがデザインした初代以来のアイデンティティである、リアドア後方の太い“くの字型パネル”のおかげで、ひと目でゴルフだとわかる。

次ページ“吊り目顔”から“メガネ顔”に
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT