日本でも今後「ひどいインフレ」がやって来るのか そもそもインフレはどうやったら起きるのか?

✎ 1〜 ✎ 68 ✎ 69 ✎ 70 ✎ 最新
印刷
A
A

そうではない。確かにディープインパクトの偉業ではあるが、むしろ日本の恥である。つまり、スノーフォールは欧州で育った馬であり、日本調教馬ではないのである。つまり、日本の馬ではなく、調教がなされているアイルランドの馬なのである。

ディープインパクトという、世界で圧倒的に格上の種馬がおり、その産駒が多数いるのに、日本で育てた馬では、1頭も凱旋門を勝っていない。そういう馬を育てられない日本競馬界ということになってしまうのである。

これは、一因としては馬場のせいだ。日本の競馬は軽いスピード最優先で、力の要る、底力を振り絞るようなレースにならない。そういう環境では、凱旋門賞を勝つような馬は育たないのである。

ディープインパクト「本人」(本馬)も、凱旋門賞では負けた(記録は失格)。それは走法など、欧州の馬場にあった競馬ができるように育っていないからである。日本は日本でいい、という考え方もあるが、そうではない。競馬産業は、馬を世界に売る産業である。世界中に、日本血統の馬を広め、歴史にも、血脈にも残していくことが使命である。そのためには、凱旋門賞を勝つことはひとつの通過点に過ぎないが、それもできないようでは、絶望的である。

新潟競馬場も「洋芝」に改修を

そこで、私は7月に開幕する新潟競馬場も、函館や札幌のような、いわゆる洋芝の馬場に改修することを提案したい。

新潟は「千直」と呼ばれる、直線だけの1000メートルのレースがある。
短距離に見えて、最初から最後まで、全力で走ることを求められる、非常にタフでスタミナを要求されるレースなのだ。

しかし、新潟は今のところ高速馬場で、底力は要求されない。そして何より、馬場の内側と外側での有利不利があまりに極端で、外枠の馬が常に勝ってしまう。これを解消することも兼ねて、新潟競馬場のコースの大規模改修を提案したい。

さて予想のほうは、この週末に開幕する札幌のメイン競争「函館スプリントステークス」(6月13日の第11レース、芝1200メートル、G3)。例年は函館で行われるのだが、今年は札幌で開催される。このレースでは人気のカレンモエではなく、スタミナのあるミッキーブリランテ。

一方、東京のほうは、英国オークスが行われたエプソム競馬場にちなんだエプソムカップ(同日の第11レース、芝1800メートル、G3)。例年は4歳馬が強いレースである。だが、ここは7歳馬だが脚元が弱いために、多くのレースを走っておらず、馬体は4歳並みにフレッシュなセダブリランテス。どちらも単勝。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT