飲食店「デリバリー参入」が簡単にはいかない根拠

コロナ長期化で見えてきた課題と今後の展望

飲食店が抱えている課題を飲食店の経営やプロデュースを手掛ける周栄さんに語っていただきました(写真:AC)

コロナ禍による時間短縮営業や休業要請などが長期化する中、飲食店はどのような課題を抱え、どんな局面を迎えようとしているのか。

サービスを提供する飲食店の厳しい状況は、食材を提供する生産者や、労働力を提供してきたアルバイトの学生など、私たちの生活にも影響を与えている。

飲食店の経営やプロデュースを手がける周栄行さんの視点から、コロナ禍の一年間の飲食業の動きを振り返り、業界の今後を展望する。

<周栄行(しゅうえい・あきら)さん>襷(たすき)株式会社代表取締役。1990年大阪市出身。上海、ニューヨークへの留学を経て早稲田大学政治経済学部を卒業し、UBS証券に就職。独立後は、食にまつわるプロデュースを中心に活動。2016年に襷株式会社を創業。飲食店の経営からホテル、地方創生まで、食を軸にした幅広いプロジェクトに関わっている。

そもそも日本は、世界の国々の中でも飲食店の数が非常に多い。「人口1,000人あたりの飲食店数が、ニューヨークでは2店舗程度ですが、東京では7店舗を超えています。諸外国では路面店がほとんどで、駅前の全館飲食店のテナントビルなどは日本にしかありません」と周栄さんは話す。

飲食店は参入障壁が低い

なぜこれほど飲食店が多いのか。その理由のひとつに、参入障壁の低さが挙げられる。

https://journal.ridilover.jp/issues/500?journal_user=journal_user_3691&journal_token=20200318134226P5qtOfamzjWgkEvnKY
当記事は「リディラバジャーナル」からの転載です(元記事はこちら)。同サイトは有料会員制メディアです。リディラバの考え方はこちらをご覧ください。

「食品衛生法などの規制も緩いですし、欧米やアジアの多くの国々ではエリアごとの店舗数に制限がかかっていますが、日本ではそのような制限がなく、過当競争が起きます」

その結果、安くて美味しい食が提供されるが、日本の飲食店は総じて利益率が低い。

「外食系上場企業の営業利益は平均して3%程度という超薄利です。優秀な店舗でもFLコスト(食材費と人件費)が60%を占め、そこに家賃が15%前後かかり、水道光熱費などを引くと手元に5%ぐらいしか残りません」と周栄さんは話す。

中でも固定費である家賃が高い。周栄さんは昨年来、家賃を売上歩合いにして変動費にシフトさせ、ビルのオーナーと痛みを共有する仕組みを提言してきたが、この一年そういった議論はあまり活発にならなかったという。

「フレキシブルに対応した人もいるようですが、オーナー側も固定資産税が払えないとか、REIT(不動産投資信託)などでは物件自体の収益性が求められ、家賃を簡単には下げられなかったわけです」。

次ページインバウンド比率が高いエリアはゴーストタウン化
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT