観光客もその場で接種、「駅でワクチン」NYの現状

中南米からの訪米者急増、日本からの渡航者も

ニューヨークのターミナル、グランド・セントラル駅に設けられたコロナウイルスワクチンの接種会場(写真:田子欽也)

日本での新型コロナウイルスワクチン接種をめぐっては、人口の数%にしか行き渡っておらず、「こんな状況で五輪が開けるのか?」と疑問と怨嗟の声が止まない。5月24日からは大都市圏を中心に大規模接種の対応が始まったが、今度は予約に空きが出るなど、引き続きチグハグな状況は否めない。

そんな中、接種が先行しているアメリカでは、市民への利便性を高めるため大都市のターミナル駅のコンコースで「行けば誰でもその場で打てる」という新たなキャンペーンを打ち出した。ついには外国人観光客にもその枠を開放するという大胆な施策に出ている。

駅で「予約なし・おまけつき」接種

コロナウイルスの存在自体を「政治家による陰謀だ」として否定するデモまであったアメリカでは、「ワクチン接種など受け入れない」といった層も多く、保健当局はいかに市民に接種を浸透させるかが大きな課題となっている。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

そこでニューヨーク(NY)では、接種施設そのものを人が集まるターミナル駅のコンコースに設置するという妙案に打って出た。NYの公共交通機関を運行するニューヨーク州都市交通局(MTA)が全面協力、NY観光に行った人なら必ず訪れるであろうグランド・セントラル駅と、長距離列車などが発着するペンシルバニア駅の2カ所をはじめ、市内の主要駅を会場とした。

こうした市中の大規模接種会場では、「予約なしで気軽に入って打てる」という仕組みを導入した。身分証明書を提示して受付を済ませれば、すぐに誰でも接種を受けられる。

次ページ中南米から「ワクチン観光客」が急増
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT