リニア開業を2年延期したJR東海、その隠された真意とは

次の焦点は、実質的に審議会に判断が任されたルート問題だ。直線ルートを目指すJR東海に対し、沿線の長野県は諏訪経由の迂回ルートを主張。審議会の中間取りまとめでルートが盛り込まれるかが注目点だが、公表時期は未定。来年以降の可能性もある。

「ベリー・ファースト!」。11日の山梨県でのリニア実験線。試乗した米ラフード運輸長官はそう叫んだ。JR東海は米国へのリニア輸出も計画。国内手続きさえ終わっていないリニアを、なぜ今、売り込むのか。

輸出が具体化すれば、日本での開業が前提となる。そうなると、政府も全面的に支援せざるをえない。専門家の間には「本当は国内を円滑に動かすことが狙いでは」との見方もある。であれば、ルート選定でもJR東海に追い風が吹くことになりそうだ。

■JR東海の業績予想、会社概要はこちら 

(堀川美行、大坂直樹 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT