静岡県知事選、「リニア」が争点にならない不思議

川勝氏の対抗馬、岩井氏も「私は推進派ではない」

記者会見で「リニア中央新幹線で日本は変わる」を紹介した川勝知事(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

6月20日に投開票が行われる静岡県知事選は、念願の自民党推薦を得て、直前まで国土交通副大臣だった岩井茂樹・前参院議員が現職の川勝平太知事に挑む与野党の全面対決という構図が決まった。

4選出馬の表明をした川勝氏は“国交省の顔”に岩井氏をなぞらえ、「リニア」を知事選の最大の争点に挙げた。ところが、岩井氏は「国交副大臣というが、水の担当者でもあり、水をどうやって有効的に使っていくのかが仕事だった。国交省だからと言ってリニア推進派ではない」などと逃げ、地域住民の理解と協力を最優先する川勝知事と同じ姿勢だと強調した。リニアを争点に真っ向勝負と見ていただけに、拍子抜けである。

岩井氏は「人口減少の克服」「コロナ禍を乗り越える」など別の県政の課題を重点的に訴えることで、リニアを争点から外したいようだ。出馬表明が遅れたこともあって、現状では、川勝氏が圧倒的に有利である。

自民得意の組織選挙が功を奏して、岩井氏に軍配を上げるために、選挙を主導する自民県連は一体、どんな戦略を立てているのか。

共産も川勝氏を支援

うそかまことか知らぬが、自民県連は83万票台を当選ラインに置いた。コロナ禍という不確定要素があるものの、自民県連には、反リニアを唱える川勝氏の人気ぶりが見えていないようだ。反リニアで圧倒的な支持を集める川勝氏は、今回選では、2013年に自身が獲得した知事選史上最多の約108万票を超える勢いである。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

まず、反リニア急先鋒である共産党が今回の知事選では、独自候補者の擁立を見送り、全面的に川勝支援を表明した。2017年衆院選で7つの静岡選挙区で党候補を立て、合計約12万6000票を獲得している。前回知事選では候補擁立を見送り、自主投票としたが、2013年知事選では約6万2000票を獲得した。

衆院選で野党連携を模索している中、共産党の立ち位置は非常に難しいから、川勝選対本部から離れて、側面から支援という戦略を取る。反リニアの象徴とも言える川勝当選に向けて、共産党は一丸となって精力的な活動を展開している。

となれば、共産票だけでも10万票以上が上乗せされることが期待される。

次ページ現職の川勝氏は100万票を獲得か
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT