松坂桃李「ファンの予想を常に裏切る」破格の才能

陰キャからサイコパス…何でも演じる透明な器

俳優・松坂桃李の魅力の真髄とは(写真:Jun Sato/Getty)

昔のドラマでは、賢くて面白くて勇ましい強い男がよく描かれてきた。たとえ変わり者で常識がなくても、周囲を巻き込んで大団円に向かわせる「豪傑・やんちゃ・破天荒」がもてはやされた。

今はちょっと違う。人の和を乱すタフガイやラフガイには女性たちがドン引きするし、「男は強くあらねば」という呪いに疲弊した男性たちもそっぽを向く。男の豪快さや荒々しさは減点の対象でもある。

そんな時代の波にうまくフィットした俳優がいる。清潔感のある整った顔立ちなのにどこか陰があり、長身のモデル体型なのに威圧感ゼロ。吹けば飛びそうな「頼りなさ」と人智を超える「うしろめたさ」の混合種。ここ数年の彼の暗躍には目を見張るものがある。

人気イケメン俳優(の事務所)が避けたがる問題提起型の社会派作品にも出演し、女優界の二大恋愛猛者・戸田恵梨香と結婚もした(もうひとりはいわずもがなの蒼井優な)。今期ドラマでも主演作2本と大活躍の松坂桃李だ。

自分事にさせる「自問系」の妙

まず、現在放送中の「今ここにある危機とぼくの好感度について」(NHK)では元イケメンアナウンサーで、好感度重視の超薄口な男を演じている。母校である国立大学の恩師から誘われて広報マンに転職。

自分の意見や意味のあることをしゃべると角が立ち、人から嫌われるので、意味のないことしか話さないのがモットー。好感度を上げる戦略ではあるが、そもそも難しいことは考えたくない、責任もできるだけ負いたくない、実に頼りない男なのだ。その頼りなさが悪用されたり、逆に役に立ったりで、経営難の国立大学内部にある根の深い問題を炙り出していく。

たぶんこのドラマは、桃李演じる広報マンの頼りなさを笑ったり怒ったりするのが本意ではない。桃李のような、考えることを放棄した人に「それでいいの?」と問いかける。コメディだし笑えるけれど、突き付けてくる問いには唸る。決して笑えない、この国の本質が描かれていることに鳥肌が立つ社会派作品でもある。

次ページ松坂桃李は「透明な器」のような存在
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT