FRBとECBの金融政策正常化スケジュールを読む

インフレ警戒と緩和縮小、出遅れた円の行方

気になる株価の行方を握るパウエルFRB議長(写真:Bloomberg)

インフレ警戒感から金融政策の正常化観測が強まりやすい状況にある。4月のアメリカの消費者物価指数(CPI)が急伸し、似たような動きはユーロ圏消費者物価指数(HICP)でも見られた。FRB(連邦準備制度理事会)やECB(欧州中央銀行)は一過性の動きと強調している。

しかし、アメリカではインフレ期待の高まりも見られ、10年物ブレークイーブンインフレ率(BEI)は一時2.5%を突破、実体経済への影響が懸念され、株価が崩れる動きも見られた。インフレ期待の高まりほど名目金利は上がっていないので実質金利は低下しており、それ自体は株の買い材料になるはずだが、この先の「不況下の物価高」、いわゆるスタグフレーションへの不安が強まっているように見える。

フィッシャー効果に倣えば、名目金利はインフレ期待に追随して上昇すると予想され、そうなれば消費・投資意欲を抑制する。実際のところ、昨年11月以降に10年物BEIが上昇し始めると、名目10年金利はその2カ月後に追随して上昇した。現在、インフレ期待は3月以降、4月初旬の小休止を挟んで上昇が続いており、5~6月にかけて名目金利が追随しても不思議ではない。

需要の拡大より供給制約によるところが大きい

だが、FRBが指摘するように、足元の物価上昇は明らかに一過性である。4月のCPI上昇は事前の予想どおり、エネルギーの急騰(前年比プラス25.1%)に牽引されたものだった。ただ、それ以外にも自動車、とりわけ中古車も同プラス21.0%と大きく寄与したことが目を引く。現状では半導体の生産・供給が世界的に大きな制約を受けており、関連製品の価格に反映され始めている。また、後述するように最近のアメリカでは求人数も増えている。

要するに、今のアメリカは半導体のような「モノ」に限らず、「ヒト(労働者)」の供給も滞っている。経済活動制限の解除ペースに生産要素の供給が追いつかないところへ、低中所得者層に対する給付金などで需要も増加している。そのうえ、前年比で測ったエネルギー価格の急上昇(ベース効果)も重なり、ヘッドライン上は強いインフレ率が実現しているというわけだ。しかし、こうしたディマンドプル型ではなくコストプッシュ型のインフレ高進はFRBが正常化を検討する材料にはなりえないだろう。

次ページ決め手は物価ではなく雇用
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT