米国でコロナ感染の長期症状に苦しむ子供が増加

子供たちは病院に行かず家で苦しんでいる

悪夢のような新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)では、若年層は多くが感染の影響を免れるというのが統計上の数少ない安心材料だった。ただ、それも変わりつつある。米国では、多くの成人を苦しめてきた「長期にわたる症状」が20歳未満でも増えている。

相対的な割合はまだ小さいものの、極度の疲労感や心拍数の上昇、記憶障害、うつ状態などが数カ月続く子供が増えている。こうした状況を受け、クリーブランドにあるUHレインボー乳児・小児病院では、米国初となる若年層向けの長期治療クリニックを開設した。

子供には影響しないという誤った考えが腹立たしい

子供の症状は出たり消えたりし、家族は出口の見えない迷路をさまようことになる。ケイティー・クロールさん(42)は昨年3月にミシガン州のエンジン工場で同僚から感染し、家庭内で子ども2人にウイルスを移した。今なお3人とも後遺症に苦しみ続けているという。 
クロールさんは「子供たちの生活は一変した。医師らは半年後か1年後には良くなると言っている。子供には影響しないという誤った考えがとても腹立たしい」と語った。

ケイティー・クロールさん(中央)と2人の子どもPhotographer: Emily Elconin/Bloomberg
次ページ病院ではなく家で苦しむ子供たち
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT