米国でコロナ感染の長期症状に苦しむ子供が増加

子供たちは病院に行かず家で苦しんでいる

悪夢のような新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)では、若年層は多くが感染の影響を免れるというのが統計上の数少ない安心材料だった。ただ、それも変わりつつある。米国では、多くの成人を苦しめてきた「長期にわたる症状」が20歳未満でも増えている。

相対的な割合はまだ小さいものの、極度の疲労感や心拍数の上昇、記憶障害、うつ状態などが数カ月続く子供が増えている。こうした状況を受け、クリーブランドにあるUHレインボー乳児・小児病院では、米国初となる若年層向けの長期治療クリニックを開設した。

子供には影響しないという誤った考えが腹立たしい

子供の症状は出たり消えたりし、家族は出口の見えない迷路をさまようことになる。ケイティー・クロールさん(42)は昨年3月にミシガン州のエンジン工場で同僚から感染し、家庭内で子ども2人にウイルスを移した。今なお3人とも後遺症に苦しみ続けているという。 
クロールさんは「子供たちの生活は一変した。医師らは半年後か1年後には良くなると言っている。子供には影響しないという誤った考えがとても腹立たしい」と語った。

ケイティー・クロールさん(中央)と2人の子どもPhotographer: Emily Elconin/Bloomberg
次ページ病院ではなく家で苦しむ子供たち
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT