星野源、新垣結衣の結婚に一切批判が出ない理由

なぜ「ロス」「ショック」の声すら少ないのか

一方の新垣さんも、沖縄から上京後の10代半ばから女優業一筋。結婚コメントに「現場で試行錯誤する日々はそれはそれは刺激的な毎日で、いつしかその分、私生活は低刺激な時間を求め心がけ過ごしてまいりました」とつづっていたように、休日も家で料理や掃除をしてのんびり過ごすなど、浮ついたところが一切ありません。交友関係も広いわけではなく、時折話すエピソードは「撮影現場で知り合った共演女優と自宅で過ごす」というレベルだったのです。

たとえば、近年は会社経営者や、高収入のエリートビジネスパーソンと結婚する芸能人が増えていますが、「新垣さんはそのような人たちと知り合う場に行っていないだろう」と感じている人が多いのではないでしょうか。新垣さんも星野さんも、外で飲み歩くところを写真週刊誌に撮られるなどのケースがほとんどなく、だから「撮影現場で知り合った」という職場結婚は自然であり、祝福しやすいのです。

有吉弘行、夏目三久夫妻との共通点

華やかな世界にいるスターの2人が、一般人よりも地味な自宅デートで愛を育んだことも、星野さんと新垣さんらしく好印象を決定づけました。この点は4月2日に結婚を発表した有吉弘行さんと夏目三久さんと似ていて、やはり祝福ムード一色だったところが共通しています。

星野さんと新垣さん、有吉さんと夏目さんの両カップルにもう1つ共通しているのは、事前情報がほとんどなかったこと。この4人はこのところ「熱愛中」「結婚間近か」「破局危機」などと報じられる機会がなく、本人たちもバラエティーやSNSなどで、それをにおわせるようなコメントもしていなかったため、先入観や憶測が生まれず素直に祝福しやすかったのです。

もし両カップルの周辺にさまざまな噂が報じられていたら、それが人々の先入観や憶測につながり、もう少し否定や批判の声が挙がっていたでしょう。メディアも、それを見る人々も、無責任にさまざまな声を挙げ、それが特定の印象につながりやすいだけに、芸能人にとって「いろいろと噂されていないこと」は重要なのです。

次ページ「逃げ恥」の影響も多分にあるはず
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT