堀江貴文「僕が20歳の若者にも教えを請う理由」

つまらないプライドにこだわるというムダ

「努力家」という言葉に、堀江氏が違和感を抱く理由とは?(写真提供:学研)
数々の逆風もある中、圧倒的な結果を出し続けてきた堀江貴文さん。なぜそれが可能なのでしょうか。新刊『やりきる力』より一部抜粋・再構成してお届けします。

僕は人の100倍、「一生懸命やっている」

堀江さんは努力家ですね、と言われるのが、あまり好きではない。

毎日、時間単位で移動とビジネスミーティングを詰め込んでいる。1日に予定を10件近く入れることも普通だ。

多忙だけれど、「のんびりしたい」ことを理由に予定を減らそうとは考えない。時間には常に追われているが、新規の事業や取り組みに必要な知識があれば、きちんと学ぶ時間を確保する。

僕が手掛ける会員制和牛レストランの「WAGYUMAFIA」では、シェフとして接客の場にも立つ。自分はシェフ専門だからと、接客のほうで手を抜くことは一切ない。来てくれたお客さんに最高の体験をしてもらえるよう、サービスを尽くしている。

できるだけ避けるようにしているけれど、ひどくつまらない取材や会議に参加してしまうこともある。だからといって予定時間を切り上げたり、力半分で臨んだりはしない。相手が時間を取ってくれた分、誠意をもって話をして、仕事をこなしているつもりだ。

やると決めたことは、やれるまで全力でやりきる。上手くいかないからとか、疲れたとか、思いつきの都合で途中放棄はしない主義だ。

そんなふうに仕事をやりきる姿勢を見て、人は僕のことを「努力家」と呼んでいるらしい。「努力家」という称号は別に結構だけれど、逆にみんな、やりきらずに済ませてしまうことで、ストレスに感じることはないのだろうか?

コツコツと愚直に手を動かせば、求めた成果を求めた通りに得られるのに、なんで多くの人は、あれこれ理由をつけて途中棄放してしまうのだろう?

途中でやめてしまいたくなるトレーニングや稽古など、もとから始める価値もない。やりきるのが当然、だって楽しいから! と思えるチャレンジさえ選んでいれば、ずっと没頭し続けられるはずだ。

僕は、いつも「一生懸命」であることを心がけている。遊びも仕事も、必死にやる。実は、不良みたいに格好つけられない、生真面目な性格なのだ。それで損した気分になったことはない。一生懸命な状態が幸せで、楽しいからだ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT