堀江貴文「僕が20歳の若者にも教えを請う理由」

つまらないプライドにこだわるというムダ

一生懸命な人は、魅力的だ。一生懸命であれば、必ずモテるし、多くの人から支援を得ることもできるのだから。

「死んでもやりきるんだ」という覚悟

僕は一般的に見て、勉強もビジネスも、さらには知名度の面でも、普通の人よりは高い成果を上げた人間だろう。

だが、それは生得の才能ではない。自分の一生懸命さで、どうにかこうにか必死に食らいついてカバーしてきたと思っている。謙遜ではなく、事実だ。

例えば運動系のチャレンジは、だいたい苦手だった。ゴルフを始めたときは、ボールをろくに前へ飛ばせなかった。エクストリームスポーツにも、いくつも挑んでいるが、堀さんは筋がいいですね! と言われた競技は数えるほどしかない。スノーボードを始めたときなど、立つのも難しくて、何度も冷たい雪の上に転んだものだ。

でも、一生懸命、プロのトレーナーの指導のもとで練習して、コツコツ上達した。何でも上達しないことには面白くならないし、新しい気づきを得られないからだ。

できない、不向き、上手くならないと、勝手にリミットを決めて、放り出してはいけない。僕だってアイアンマンレースを走っているときは、水泳、自転車、長距離走と続いて、ぶっ倒れたいほどに苦しい。途中で何十回とリタイアしたい衝動にかられるけれど、決してハートを折ることなく、這いつくばるほどの根性で完走のゴールを切るのだ。

やりきったときに見える極上の景色を、僕は知っている。本当に心が震える素晴らしい景色だから、辛くてもまた、やりきろうと懸命に走り出す。

成果が上がらない、思い通りの現在を生きられていないと嘆く人は、やりきったときの景色を満足に見た経験がないのではないか。

本当に、死んでもやりきるんだという覚悟で、一生懸命になっているのか? たぶん、なっていないから、平気でリタイアできるのだろう。誰だって本当は、時間をかけて一生懸命にやれば完走できるのだ。もしもリタイアしたくなったときには、プライドとか差恥心なんてかなぐり捨てて、がむしゃらにゴールを目指す。そしてぜひ、その向こうに見える景色を味わってみてほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT