社会情勢が大変化「高輪ゲートウェイ駅」の未来

鉄道利用者減の逆風下で進む駅周辺の再開発

2020年3月に開業した高輪ゲートウェイ駅。画面左側地下にある泉岳寺駅と近接している(編集部撮影)
この記事の画像を見る(7枚)

新型コロナウイルス感染症の流行という逆風の下、2020年3月14日にJR山手線・京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅が開業し1年が経過した。正式駅名が発表された際に物議をかもし、話題となったが、開業後も東京オリンピック・パラリンピックの延期、高輪築堤の発見といった経緯があり、計画段階からかなりの紆余曲折を経てきた。

現在はまだ“暫定開業”の状態

本来のスケジュール通りならば、この駅は田町―品川間に広がっていた車両基地跡地を再開発するプロジェクト「グローバルゲートウェイ品川」の玄関口として、周囲の高層ビル群とともに2024年に本開業する予定になっている。2020年の営業開始は、東京オリンピック・パラリンピックに合わせたもので、あくまで暫定だ。西側の駅前では今も盛んに建設工事が行われている。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

そのため、現時点での利用客数は多くない。報道によると、2021年2月の「乗降客数」は1日約9200人にとどまっている。ただ、これはある程度は想定内であり、さほど問題ではないだろう。コロナ禍による経済停滞とテレワークの普及による通勤客減少により、計画よりかなり減ったと伝えられているが、何せ駅前はまだ工事現場。住民もいなければ、商業施設もなく、通勤目的地すら存在しない状態である。

JR東日本は同社管内各駅の「乗車人員」しか発表していないが、高輪ゲートウェイ駅は約半数の5000人が1日に乗車しているとして、これは著名な駅で言えば、青森、那須塩原、大月などと同程度(いずれも2019年度の統計より)。参考までにだが、意外に健闘しているほうかもしれない。

次ページ泉岳寺など周辺駅との関係性
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT