「山手線1周」の切符はどうやって買えばいい?

「環状線プラスアルファ」の大江戸線にも挑戦

山手線の新型車両E235系(撮影:風間仁一朗)

東京の都心部をぐるりと回る山手線。1周約34.5km、ずっと乗っていれば出発地と同じ駅に戻ってくる。例えば東京駅から乗って東京駅で降りる、という形で1周乗ってみたいと思ったことのある人もいるのではないだろうか。

だが、その場合に切符をどうするか。隣の駅でいったん降りて切符を買い直せば問題はないが、それでは「1周乗り通した」ことにはならない。

では、山手線を1周する場合はどのように切符を買ったらいいのだろうか?

往復切符で乗れる?

一般的には、山手線1周という場合、乗る駅と隣駅との往復乗車券を買うように案内されるケースが多いという。

なぜ、隣駅との往復乗車券で1周できるのか。

乗車券を買う際には、一般的には乗るルートそのままを買わなくてはならない。しかし東京・仙台・新潟・大阪・福岡の「大都市近郊区間」内の場合、同じ駅を2回通らなければ、実際にはどんなルートを通っても運賃は最も安い経路で計算される。遠回りしても問題ないわけだ。

つまり、新宿―代々木間の往復乗車券を買った場合、新宿から代々木までの「往路」は山手線外回りでぐるっと遠回りして向かい、代々木から新宿までの1駅が「復路」という考え方になる。これでルール上問題なく1周できるのだ。

もちろん、交通系ICカードではそういった乗車はできない。そうなると、紙の切符を買わなければならないことになる。

次ページやり方はわかったが買うのに一苦労
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。