JR山手線の色はなぜ「黄緑色」になったのか

「路線別カラー」の始祖は山手線だった

山手線は国鉄時代から「ウグイス色」がラインカラーだ(写真:masamura / PIXTA)

首都圏に住んでいる人ならば、JR山手線のラインカラーはウグイス色、あるいは黄緑色ということは認識しているはずだ。同様に、中央線はオレンジ、京浜東北線は水色、総武線は黄色ということも多くの人が知っているだろう。

旧国鉄時代からこれらの色は使われ続けてきた。かつては車体全体がこれらの色に塗られていたし、現在ではステンレス車体にカラーの帯が入っている。最近見かける機会が増えた山手線の最新型車両E235系は、ドアの周りにウグイス色のラインがグラデーションのように入っている。

では、山手線の色はなぜウグイス色になったのだろうか。ちなみに山手線のウグイス色は、旧国鉄の「国鉄車両関係色見本帳」では「黄緑6号」と呼ばれていた色だ。

始まったのは昭和30年代

結論から先に言うと、山手線の色を「ウグイス色」にした明確な理由は特に見当たらないのが事実だ。

ただ、いつからウグイス色の車両が導入されたかははっきりしている。全身をウグイス色にまとった最初の車両は、旧国鉄を代表する通勤電車103系だ。この車両の試作編成1本が山手線に導入されたのは1962年のことだった。ウグイス色の103系は1964年春から量産車両が投入され、これが「山手線の色」として定着していくことになる。

この当時、電車にカラフルな塗装を施すのはまだ珍しかった。旧国鉄の電車に明るい色を塗るようになったのは、1957年に中央線に登場した101系が最初だ。国鉄は当時の最新車両に「新性能電車」であることをPRするため、従来の茶色の電車とは異なる目立つ色を塗装することにした。

次ページ最初、山手線は「黄色」だった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。