JR山手線の色はなぜ「黄緑色」になったのか

「路線別カラー」の始祖は山手線だった

山手線は国鉄時代から「ウグイス色」がラインカラーだ(写真:masamura / PIXTA)

首都圏に住んでいる人ならば、JR山手線のラインカラーはウグイス色、あるいは黄緑色ということは認識しているはずだ。同様に、中央線はオレンジ、京浜東北線は水色、総武線は黄色ということも多くの人が知っているだろう。

旧国鉄時代からこれらの色は使われ続けてきた。かつては車体全体がこれらの色に塗られていたし、現在ではステンレス車体にカラーの帯が入っている。最近見かける機会が増えた山手線の最新型車両E235系は、ドアの周りにウグイス色のラインがグラデーションのように入っている。

では、山手線の色はなぜウグイス色になったのだろうか。ちなみに山手線のウグイス色は、旧国鉄の「国鉄車両関係色見本帳」では「黄緑6号」と呼ばれていた色だ。

始まったのは昭和30年代

結論から先に言うと、山手線の色を「ウグイス色」にした明確な理由は特に見当たらないのが事実だ。

ただ、いつからウグイス色の車両が導入されたかははっきりしている。全身をウグイス色にまとった最初の車両は、旧国鉄を代表する通勤電車103系だ。この車両の試作編成1本が山手線に導入されたのは1962年のことだった。ウグイス色の103系は1964年春から量産車両が投入され、これが「山手線の色」として定着していくことになる。

この当時、電車にカラフルな塗装を施すのはまだ珍しかった。旧国鉄の電車に明るい色を塗るようになったのは、1957年に中央線に登場した101系が最初だ。国鉄は当時の最新車両に「新性能電車」であることをPRするため、従来の茶色の電車とは異なる目立つ色を塗装することにした。

次ページ最初、山手線は「黄色」だった
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。