「電車のデザイン」色のラインは窓下から上へ

見た目だけではなく別の理由もある

(左上から右下へ)京王5000系、東急2020系、都営新宿線10-300系3次車、都営浅草線5500系(左側)。側面窓上のラインが目立つ車両が増えている(撮影:尾形文繁、山内信也、編集部)

今月22日から、京王電鉄で初の座席指定列車となる「京王ライナー」の運転が始まる。この列車に使われる車両は、昨年9月に登場した新型の5000系だ。

5000系はステンレス製の銀色の車体に、京王のシンボルカラーであるレッドとブルーのラインを配したカラーリング。シャープな先頭部のデザインとともに、従来の車両では窓下に入っていた太い赤ラインを窓上に配したデザインは、京王線車両の中でも目立つ。

窓上ラインの目立つ新型車両

最近は5000系に限らず、窓上のラインが目立つ新型車両が多い。たとえば、京王線にも乗り入れている都営新宿線の新型車両(10-300形3次車以降)は、従来の車両では窓下にあった黄緑色の太いラインを窓の上に持っていき、窓下は細いラインのみ。今春デビューする東急電鉄田園都市線の2020系も、これまで東急線の車両ではおなじみだった窓下の赤帯がなくなり、窓上に白と緑のラインが入る。同じく今春から走り始める予定の都営浅草線の新型車5500系も、ピンク色のラインが屋根近くに入ったデザインだ。

東京メトロ千代田線の支線で使われる元東西線の05系電車。写真は東京メトロの総合研修訓練センターで使用されている際の姿(撮影:尾形文繁)

新しい車両だけではない。東京メトロは、南北線の開業以来使用している9000系をリニューアルする際、これまで窓下にしか入れていなかったラインを窓上にも入れた。千代田線の支線(綾瀬―北綾瀬間)用に改造された元東西線の05系も、転用の際にラインカラーを緑に変えただけでなく、東西線時代はなかった窓上にもラインを入れた。同社は、有楽町線や副都心線を走る10000系(2006年登場)以降、新型車両は窓上にラインを入れたデザインを採用している。

窓上のラインが目立つデザインの車両は、確実に増えてきているのだ。

次ページこれまで一般的だったのは窓下のライン
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT