チャレンジとリピートの数字を一緒にするな

東芝機械の八木正幸取締役に聞く(後編)

三宅:やはり外部ネットワークがそうとうありますね。

八木:大学の先生と酒を飲んで、その中から一緒にやりましょう、となったものもあります。

何よりも、ハングリーであれ

三宅:さて、最後に、これから挑戦していく若い人たちにメッセージはありますか?

八木:ハングリーであれ、ですね。日本人にいちばん欠けているのは、ハングリー精神です。私が若い頃は欧米を何とか見返したいという思いがありましたが、今の若い人は現状維持がいちばんいいという感じに見えます。現状に満足している人間は、なかなか本気になれません。ハングリー精神さえあれば、挑戦するのですよ。

三宅:では、ハングリーでいるためには、どうしたらいいですか?

八木:世界を知ることですね。海外の若い人は、目が違います。話をどんどん聞きたがる。相手の技術を自分のものにしたくて、英語や日本語を勉強するのです。つまり、自己実現したいという思いが強い。中国の人はアグレッシブだし、韓国は人口が日本の半分なのに、日本の何倍もの人がハーバード大学に留学しています。日本の若者は単なるコミュニケーションツールとして英語を勉強するけど、彼らは、相手の技術をいかに学びとるか、自分の持っているものをいかにプレゼンテーションするか、相手にいかにわかってもらうか、という自己実現のために学ぶのです。

三宅:まずは世界旅行をして酒を飲んでくる、というだけでも大きな変化が起きそうな気がしました。

八木:日本が今のままでやっていけるか。これは難しいと思います。ただ、われわれのよさはチームワークです。日本人は1+2が4にも5にもなるし、ゼロから何かを作り出すこともできます。そういう仕組みを作ってあげるのが、僕らの仕事かなと思っています。

(構成:仲宇佐ゆり、撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。