チャレンジとリピートの数字を一緒にするな

東芝機械の八木正幸取締役に聞く(後編)

 東芝機械の八木正幸取締役は、社内外で人望が厚く、部下を育てるのがうまいと言われている。メンバーが挑戦できる風土の作り方、管理職がやってはいけないこと、若い人への接し方、公平感のある評価の仕方、未来から逆算する発想法など、後編にも経験に基づくヒントが満載されている。

※前編:「目先の利益にとらわれず、原理を追求してきた」こちら

“人”と“酒”、そして“変化”が好き

三宅:八木さんは社内外にそうとう人脈があるようですが、もともと「人」が好きな人だったのですか?

八木:そうですね、酒を飲むのも好きですし(笑)。社内では年に2回、営業、技術、製造、サービスのメンバーを集めて、40~50人で1泊2日の研修会をしています。夜中まで飲んで、次の日にそれぞれが発表するのです。

三宅:かなり意識してやっておられるようですね。

八木:大事なのは仲間意識だと思っています。なるべくわかりやすい言葉を使って、それを説明しますが、今なら「コンパクトなサッカーをやろう」と言いますね。フォワードとディフェンスが連携して、ドリブルする人間もいるけど、パスやカバリングする人も必要です。アイコンタクトして、互いに連動するサッカーをやっていこうと。

三宅:かなりシステム思考的ですね。

八木:課長、部長と、ステップアップしていくと、余計にそうなります。いかに部下を育てるか、いかに組織を作るか、いかにチームを作るかを念頭に置いています。自分たちだけではなく、お客様も、関連メーカーも同じチームに巻き込むのです。

三宅:そういう「みんなで挑戦していこう」という風土作りは、どうすればできるのですか?

八木:まず私自身が挑戦する姿勢を示します。たとえば、7、8年前には、苦しい時期に一度廃止した開発課を復活させました。生産技術課も作りました。また、機械を売ってからがスタートだという考えから、別会社だったサービス部門を自分の組織の中に入れました。さらに、撤退した印刷機の事業も取り込みました。

三宅:印刷機の事業を取り込んだ?

八木:印刷機には、欲しかったいい技術があったからです。今、電子印刷に取り組んでいますけれども、将来的にはチップやディスプレーが印刷で出てくるようになるでしょう。すでに組織を変え、人数も100人から220人ぐらいに増やし、売り上げ規模も倍になりました。

次ページ管理職のいちばん大事な仕事
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT