橋下徹「首相、自治体首長は真っ先にワクチンを」

視聴者投票「容認できる64%」、非常時だからこそ

ワクチンを破棄しないため、各自治体トップがキャンセル分を使用してワクチン接種を受けた事例。国民からはさまざまな声があがっている(写真:FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」より)

医療従事者や高齢者へのワクチン優先接種が進む中、「賛否が割れる問題」が浮上している。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

それは、接種キャンセルで余ったワクチンを、町長など自治体トップが接種している実態だ。

茨城・城里町では4月4月、医療従事者162人を対象にしたワクチン接種が行われた際、12人分のキャンセルが生じ、上遠野修町長や副町長、教育長など町役場の計12人が接種を受けた。

上遠野町長は「キャンセル分を破棄しないために打ったもので、後ろめたさはない」、「診療所の開設者である私も医療従事者の一員。ワクチン接種事業の停滞をさせないため接種をした」と説明した。

同様の自治体トップの接種は、兵庫・神河町や岐阜・下呂市などでも行われており、一部からは「上級国民批判」も起きている。

この問題をどう考えるべきか。

代わりのいないトップは真っ先に接種すべき

16日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」は、データ放送「dボタン」を活用した視聴者投票を行った。「自治体トップが高齢者より先に接種することを容認できるか」との設問に、回答総数5万5,597を得て、「容認できる64%、容認できない36%」との結果となった。

感染症対策で菅首相のブレーンである内閣官房参与の岡部信彦氏は「ワクチンはいつまでも保管できないですから、身近なところで優先的な人に接種するのは『あり』だと思う」、「細かい話でやっていると、結局、進まなくなってしまうと思う」と述べた。

番組のレギュラーコメンテーター・橋下徹氏は「まずは自治体のトップ、それから総理は真っ先に接種すべきだ」と述べたうえで、今回、批判がおきた背景について「国民から有事のときに『政治家が重要なのだ』と思われていない」からだ、とした。

しかし、茨城・城里町の町長の説明は「政治家の説明じゃない。思想がない」、「副町長や教育長の接種はダメだ。代わりがいる」と苦言を呈した。

ジャーナリストの櫻井よしこ氏は「日本に欠けているのは“非常時の感覚”だ。ワクチンは戦略物資だ。どこの国でも非常時の態勢をとってやっている。だから(日本でも)総理が打つと同時に自衛隊も打たなきゃいけないし、海上保安庁も警察も消防団も、そして各自治体の首長さんも打たないといけない」と強調した。

次ページ政治家の現在の立ち位置
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT