車椅子が「かっこいい乗り物」へと変わる理由

「企業と生活者が共に紡ぐ物語」の脚本づくり

「車椅子」→「パーソナルモビリティ」へとパーセプションを変えようとしている(画像提供:WHILL)
車椅子を誰もが乗りたくなるような革新的なパーソナルモビリティとして再定義しようとしているベンチャー企業がある。障がいを持っている人や足腰が弱った高齢者が乗るものというイメージ、人々のパーセプション(認識)をどうやって変えていくのか。『ナラティブカンパニー』を上梓した本田哲也氏が、車椅子に対するネガティブな「パーセプション」を変え、新たなライフスタイルを提案するナラティブ(物語)のスクリプト(脚本)作成のコツについて解説する。

「すべての人の移動を楽しくスマートにする」

「100メートル先のコンビニに行くのをあきらめる」。

『ナラティブカンパニー』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

WHILL(ウィル)株式会社がパーソナルモビリティの開発を始めたきっかけは、ある一人の車椅子ユーザーの一言だった。悪路や段差などの物理的なハードル。「車椅子に座っている人」と周囲から見られる心理的なバリア。それらがない混ぜとなった重い言葉だった。

同社は、パーソナルモビリティ製品の開発、生産、販売や、近距離移動サービスの提供を行う2012年設立のまだ若い会社。パーソナルモビリティとは、一人乗りの乗り物のことだ。

車椅子にまつわる物理的なハードルと心理的なバリアは、テクノロジーとデザインの力で乗り越えられるはずだ。最初は福祉用具としてつくられたけれど、やがてファッションアイテムになった眼鏡のように、車椅子を誰もが乗りたくなるような革新的なパーソナルモビリティとして再定義しよう。

ミッションは「すべての人の移動を楽しくスマートにする」。

こうして、近距離モビリティという新しい移動手段の開発が始まった。初号機「WHILL Model A」を発表したのは2014年。その年には国際的なプロダクトデザイン賞であるレッド・ドット・デザイン賞、翌2015年には国内でグッドデザイン賞を受賞したことをきっかけに、国内外でも注目を集め、テレビで紹介されるなど認知はされ始めた。

次ページ「車椅子」というパーセプションの壁
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT