アナフィラキシーが怖い人に知ってほしい真実

コロナワクチン打った後にもしも起こったら?

「ポリエチレングリコールは、私たちが身の回りで使っている化粧品やハンドクリームなどに用いられている成分で、安全性は高いです。便秘の治療薬や大腸内視鏡検査の前処置でも利用されています」(海老澤さん)

ファイザー社のワクチン接種における国内での副反応をみると、男性より女性のほうが圧倒的にアナフィラキシーを起こしている。海外の報告でも同じような傾向だ。

「これはあくまでも可能性ですが、男性より女性のほうが化粧品やハンドクリームを使う機会が多い。ポリエチレングリコールの一部は皮膚から吸収されるので、気がつかないうちにこの物質に対する反応性が獲得されていて、そこに高い濃度のポリエチレングリコールがワクチン接種によって入ったため、過敏反応が起こったのではないでしょうか」(海老澤さん)

では、今回のワクチン接種では、どれくらいの頻度でアナフィラキシーが起こっているのだろう。

100万回接種あたり37件は相対的に多い

厚生労働省の資料によると、2月17日から4月22日までにワクチンを接種した回数は推定で251万7045回。このうちアナフィラキシーとして報告された事例は580件。最終的には違ったケースや不明なケースを除くと、全部で94件だった。100万回接種にならすと37件。インフルエンザワクチンなど一般的なワクチン接種によるアナフィラキシーの発生率は、100万接種あたり1.3件なので、相対的に見てコロナワクチンのアナフィラキシーはかなり多い。

だがその一方で、94件の経過を見ると、回復(有害事象が消失、またはもとの状態まで戻っている)が47例、軽快(有害事象は完全に回復していないが、ほぼ消失、またはほぼもとの状態に戻っている)が43例、未回復が3例(有害事象は継続中である)、不明が1例だった。

「これを見ると、ほとんどの方が改善されています。アナフィラキシーにはアドレナリンの筋肉注射がたいへん有効です。起こった段階ですぐに注射すれば重症化せずにすみます。ですから、むやみに怖がらないでほしいですね」(海老澤さん)

次ページアナフィラキシーは初期対応が肝心
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT