ベンツ「Cクラス」刷新の破壊力

もはや高級車は排気量では語れない

「ベンツの本気を見せる」と意気込む上野社長

さらに注目すべきは内燃機関だ。安全技術とともに、ベンツが強調したのは走行性能。これと環境性能を器用に両立した取り組みがなされている。廉価モデルの「C180」の場合、現行では1.8ℓの直列4気筒ターボエンジンを搭載していたが、新型車では1.6ℓに排気量を減らしたエンジンを新たに開発した。とはいえ馬力やトルクなどの走行性能は変わらない。燃費は約2割改善し、17.3km/ℓとなっている。

一方、上位モデルの「C200」では、現行の1.8ℓから、2.0ℓに排気量を増やしたエンジンを採用。これは「トルクを上げ、発進や停止が多い街乗りでも、力強く走らせるため」(商品担当者)。ただ馬力は従来の水準に抑え、新たな燃料の燃焼方法を採用したことにより、こちらも燃費を2割強改善し、16.5km/ℓとなった。両モデルは100%のエコカー減税対象となっている。

大排気量礼賛は崩れた

ドイツなど欧州の自動車メーカーはかねてから、小排気量のエンジンのパワーを過給器(ターボチャージャー)で補う動力機構を採用し、厳しさが増す環境規制に対応しつつ走行性能を維持する取り組みを続けている。一方、トヨタ自動車の「クラウン」やレクサス「IS」といった国産高級車では、いまだに3.5ℓなどの排気量の大きいエンジンが用意されている。しかしこれらのモデルの売れ筋はハイブリッド車。大排気量=パワーがあっていい、といった概念は崩れたといえる。

「高級車=大排気量という構図はもはやない。大排気量車がなくなっていくことを惜しむ声を時々聞くが、エンジンの小型化を嫌う人は減っている。今回開発したエンジンは内燃機関にまだまだポテンシャルがある証明。進化は止まらない」。そう興奮気味に話す上野社長は「(他社の競合車にとって)けっこう強敵になる1台だと思っている」とも付け加える。

次ページBMW「3シリーズ」に対抗
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT