太るために薬まで飲むアフリカ人女性の不思議

ステロイドを使用した結果、死に至るケースも

セネガルの伝統的なパーティ。写真はイメージです(写真:JordiRamisa/iStock)
アフリカでは、「美しく」なるために、なんとか太ろうとする若い女性が多い、という。都会では成長ホルモンやステロイドを服用も横行し、問題となっている……。

欧米や日本では、「美しく」なるために無理なダイエットをしたり、果ては摂食障害を患う女性の話が絶えないが、アフリカでは、逆に「美しく」なるために、なんとか太ろうとする若い女性が多い。

強いられる過食

ミケラ・オキピンティ監督の映画『ヴェリダの結婚』(2019)は、モーリタリアに今も残る風習を描いた。その風習とは、未来の夫に気に入られるため、若い娘らが異常な量の食事を詰め込み太るというものだ。同監督の調査によれば、今でも40%の女性がこの慣習を経験しているという(ル・モンド)。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

朝から晩まで多い時には1日10食にも及ぶ食事をとり、大量のミルクを飲み、炭水化物、バター、ピーナッツなどを際限なく食べる。2か月で20キロ増やすのに成功することもあり、身体と心臓への負担はかなりのものだ。

しかも、ミルクが足りない都会では、成長ホルモンやステロイドを服用し、身体を膨張させ太ったように見せかける「技」も横行している。その結果、高血圧や心臓病を患う女性は少なくなく、死者が出ることさえある。

次ページ早く太るためのアドバイス
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT