映画「ミナリ」地味なのに全米で大ウケの真因

韓国人一家の物語がアメリカ人の心を打つワケ

アメリカに移住した韓国人一家の物語「ミナリ」は、アカデミー賞6部門にノミネートされている(写真:Everett Collection/アフロ)
この記事の画像を見る(3枚)

「移民がキーワードだ」。監督賞や作品賞など、アカデミー賞6部門にノミネートされている話題の映画「ミナリ(韓国語でセリの意味)」を見終わった途端、そう思った。「ミナリ」が多くのアメリカ人に響いた理由だ。

アメリカ人は厳密にいうと、先住民以外は、100%移民か、移民の末裔と言っていい。主人公の一家は、韓国からの移民だが、描かれたドラマは、メキシコ人、フランス人、黒人、どんなアメリカ人にも当てはまる。誰もが、血がにじむような苦労を重ねて、アメリカに根を下ろそうとし、その葛藤は今日4480万人いる移民の中で続いている。「ミナリ」は今日にも通じる移民の「根性物語」を描き切った。

夢を信じて移住した韓国人一家

時は1980年代。冒頭は、電柱も立っていない広大な野原の一本道。韓国移民のジェイコブは、荒野のど真ん中で野菜畑を開拓する夢のために、妻モニカとアン、デビッドの2児を連れて、カリフォルニア州の大都会から南部アーカンソー州の農業地帯に引っ越してきた。

物語は7歳の息子デビットの目を通して語られる(写真:Everett Collection/アフロ)

物語は主に、7歳のデビッドの目を通して語られる。ジェイコブは、畑のために井戸を掘り、なけなしの貯蓄で農機具を借り、使用人を雇う。同時に夫婦は、ヒヨコのオス・メスの鑑別をして日銭を稼ぐ。

開拓一家には、悲劇が次々に襲いかかる。井戸が枯れ、農園のために水道代がかさんでいく。韓国から移住してきたモニカの母スーンジャは、料理もできず、文字も読めず、子どもに花札を教えるだけ。ジェイコブは、農園とヒヨコ鑑別という二重の労働で疲労困憊だ。そんな中、スーンジャが倒れる――。

物語は葛藤と悲劇が続く。ところが、ハリウッド映画のような大音響もドラマチックな音楽もない。淡々とした映像描写を見ているうちに、無数の移民がたどってきた「現実」に深く引き込まれていく。一家を絶望に突き落とす事件の後、最後のシーンは多くの観客の胸を打つ。

次ページ映画における「ミナリ」の存在感がすごい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT