元婚約者と「20年後に結婚」した人の衝撃の真実

夫は美化し、妻は見えなかったよさを発見した

「前の奥さんからあまり食事を作ってもらっていなかった彼は食生活が乱れていました。油物と炭水化物を控えめにするだけで160もあった血圧が110にまで下がったんです。お酒は2人とも好きなので、お酒が飲めるおかずでお腹いっぱいになるように料理しています」

毎晩が小料理屋ごっこだと幸せそうに笑う頼子さん。20年前に雅俊さんと結ばれていればよかったのかと問うと首を傾げた。

「夫は不器用だけど、地道にコツコツと取り組むことができる人です。現場監督の仕事をしているのですが、行かなくていい日まで現場に行っています。自分が見ていないとケガ人が出そうで心配なのだそうです。こういうよさを20代の頃はよくわかりませんでした。昇進につながるわけでもないのだから、もっと要領よくやればいいのにと思っていたはずです」

若い頃は気づかなかった、相手の性格のよさ

今では雅俊さんの「不器用さ」への尊敬と愛情があふれている。大手建設会社で長年勤めている雅俊さんだが、関連会社からの接待ゴルフなどは断り、自分の分は必ず自分で払ってきた。自分のほうがお世話になっている、という姿勢を崩さない。

「業者の方に『夫がお世話になっています』と私が頭を下げるとすごく恐縮されることがあります。威張ろうと思えば威張れる立場なのに彼はまったくドヤりません。私だったらドヤるのに!と思うことがあるぐらいです」

家庭内でも雅俊さんはつねに謙虚で、コーヒーを出しただけで「ありがとう」と言ってくれるのが頼子さんはうれしい。頼子さんの掃除が行き届かない場所は自分でキレイにして、押しつけがましいことは何も言わない。

若い頃は気づかず、むしろ疎ましく思っていたような相手の性格。年齢を重ねてから目の当たりにすると、その純粋さや誠実さに胸を突かれたりする。

雅俊さんにとって頼子さんはずっと「高嶺の花」だったが、頼子さんは雅俊さんの善良性を40代の新婚生活で改めて見直している。晩婚の意義を感じさせてくれるインタビューとなった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT