任天堂が再びソフト販売本数の記録更新に挑戦

協力会社取材で分かった20%増2億5000万本

任天堂は2021年度の家庭用ゲーム機「スイッチ」本体とゲームソフトについて、市場関係者の予想を大きく超える記録的な販売に向けて準備を進めている。同社の協力会社やサプライヤー(部品供給元)への取材で分かった。

部品メーカーやゲーム制作会社、販売店などスイッチに関わる各社の幹部によると、新たなゲームソフトのヒット作誕生により来年度のソフト販売本数は2億5000万本に達し、過去最高の2億500万本が見込まれる20年度の水準を上回る見通し。

計画が未発表であるために匿名を条件に同幹部らはゲーム機本体の販売台数についても、有機ELディスプレーを採用する新型モデルの発売で今年度比で横ばいか微増になるとの見方を示した。

世界的な巣ごもり需要の増加が追い風

こうした見通しは、来年度はスイッチやソフトの販売が減速すると分析するアナリストの予想とは対照的だ。

任天堂の広報担当者は、スイッチ本体やゲームソフトの販売見通しについて、コメントを控えるとしている。

任天堂の株価は15日の取引で、前週末比で安く推移する場面もあったが、午後に入りこの報道が伝わると一時1.6%高まで上昇。6万1620円とこの日の高値圏で取引を終了した。

次ページ”コロナ効果“消えても強力なヒット作により相殺
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT