トヨタ「学校推薦廃止」が象徴する制度の形骸化

理系の"特権"、6割の学生は「なくても困らない」

推薦がなくなると困るとする学生は推薦の効能を認め、内定へのショートカットと考えている。しかし、効能を評価せず、「困らない」とする学生のほうが多い。困らない学生は推薦に対し素っ気ない。例えば、「利用するつもりがない」「考えてない」「推薦枠を考慮しない」「実力でいけばいい」とゴーイング・マイウェイ、独立自尊である。

「あまり困らない」という学生のコメントをいくつか拾い出してみよう。学生たちの気概が頼もしい。

「推薦応募に魅力を見出せない」(愛知工業大学大学院・電気・電子)

「能力に自信があるため」(横浜国立大学大学院・機械)

「実力で内定先が決まるほうが公平であると思う」(横浜市立大学大学院・生物・農)

「学校推薦をあてにしておらず、受けたい企業は自由応募で選考に参加する」(京都大学大学院・物理・数学)

「推薦であっても、ESや面接が必要であり、通常の選考と変わらない」(東京工業大学大学院・その他)

「そもそも推薦枠がない」

「全く困らない」という学生のコメントは「あまり困らない」とよく似ており、「同じスタートラインで自分の能力を試せるから」(熊本大学大学院・薬学)、「そんなものに頼らなくても自力で内定はとれる」(上智大学大学院・物理・数学)と自信に満ちている。

ただ、「そもそも推薦枠がない」という学生も多い。専攻を見ると「生物・農」「情報」「物理・数学」「その他」が目立つ。これらの系統は製造業との関係が薄いことが特徴だ。また、AIやビッグデータはとても新しい分野なので、推薦がないのだと思う。

「私の専門はもともと推薦がない分野だから」(京都大学大学院・その他)

「研究室や研究科の規模が小さく、推薦が見込めない」(広島大学大学院・その他)

「研究職希望や高度専門職志望でないため、そもそも企業推薦がほとんどなく関係がない。推薦制度の意義に疑問があるので廃止はむしろ望ましいと感じる」(早稲田大学大学院・情報)

次ページ長く続いた産学の蜜月関係
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT