「シナリオにない巨大災害」乗り切る防災技術 

東日本大震災から10年で進化したテクノロジー

東日本大震災の当時と比べて情報環境が大きく変化しました(写真:Graphs / PIXTA)

東日本大震災から10年が経ち、当時と今では世の中の技術環境が激変しています。防災面でとくに自治体で注目されているのが、SNSで発信される一般の人々による現地からの災害情報です。

総務省の通信利用動向調査によると、2011年の個人のスマホ保有率は14.6%。ツイッターの日本法人が設立された同年3月の日本国内における、ツイッターの月間アクティブユーザー数は670万人程度でした。

これにはパソコンからの利用者も含まれるため、スマホからSNSで情報発信していたのは、いわゆるアーリーアダプターと呼ばれる一部の先進的な人たちだったと考えられます。

そのような状況でも、当時SNSにはいろいろな情報が上がっていました。例えば、各地で発生した津波の映像や被害状況を訴えるもの。さらには「ここでボランティアが不足している」「ここでは救援物資が足りていない」といったものなどです。

SNS上の情報をうまく活用して迅速に対応

それから10年が経ち、今ではスマホの個人における保有率は70%近くに達しています。また、ツイッターの利用者数は2017年の発表で国内4500万人となっており、フェイスブックやインスタグラムなどを含めると、国民の多くがSNSを使っています。

そのような状況の中、災害時のSNSの使われ方も大きく変化してきました。被害の発生場所や規模、必要とする援助内容などの情報が、現場にいる人々からスマホ普及以前よりも素早く発信・共有されます。

こうしたSNSの情報を災害対応に役立てていこうとしているのが、国や自治体です。災害発生時にSNSの情報をうまく活用できれば、情報収集のスピードも効率も飛躍的に上がり、救援や避難勧告など、迅速に対応できるようになるからです。

次ページ被害状況をリアルタイムに把握
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT