この10年で「3つのこと」を諦めた日本の盲点

社会学者の開沼博が考える日本が変わらない訳

東日本大震災から10年経っても「変わらないこと」が多い日本。その強固な「変わらなさ」の正体とは何か(写真:bee/PIXTA)
10年前に東日本大震災・福島第一原発事故が発生した時、「歴史の大きな節目になるだろう」「3.11以降、日本はがらりと変わる」といった論調が数多く見られたが、本当に日本は変わったのだろうか。福島県出身で3.11研究・実践の第一人者でもある社会学者で、先ごろ『日本の盲点』を上梓した開沼博氏が、いつ新たな危たな災害に見舞われてもおかしくない現状を踏まえつつ、この国の変化と「まったく変わっていない部分」を見つめる。

忘れ去られた10年前の議論

――東日本大震災、福島第一原発事故により近代文明の行き詰まりが露呈したという論調が多く見られ、3.11以降、日本はがらりと変わると考えた人も少なくなかったようです。3.11前後での日本における最も大きな変化は何でしょうか。

まず変わらなかった部分を振り返ることから始めるべきでしょう。何が変わらなかったのか。それはなぜか、と。

いま改めて10年前に視座を置きなおしてみれば、エネルギー政策を、防災・危機管理の体制を、根底から変えるべきだという声が世間ではかまびすしかった。あるいは、21世紀半ばをめがけて、少子高齢化・人口減少、地域での安心・安全なくらしの持続的な確保、環境負荷や地球温暖化の解決に取り組むべし、とも言われていた。これらは「東日本大震災復興基本法」の頭に書いてあったことです。

どうでしょう。これらの具体的テーマについて、がらりと変わったでしょうか。そもそも、当時にそんな議論があったこと自体を忘れている人が大多数でしょう。

その背景には、何らかの強固な「変わらなさ」が控えている。まさにこの「日本の変わらなさ」について、私は『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』において触れていました。これは2012年9月刊行の本です。つまり、こうなることは、当初から見えていたんです。

次ページこの「変わらなさ」の正体
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT