R&D費は米国を追い抜く中国新5カ年計画の中身

年1000万人の都市部移住など野心的目標が並ぶ

中国が野心的な経済目標を掲げるのはいつものことで、新たな5カ年計画(2021-25年)も例外ではない。北京で5日に開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で政府が示した主な数値目標は以下の通りだ。

2025年には米国を追い抜く研究開発費

政府は25年まで研究開発費を年7%増やすことを目指している。この結果、25年は3兆7600億元(約62兆8000億円)に達し、米国が18年に投じた5480億ドル(約59兆5000億円)を上回る。

年間1000万人が農村部から都市部へ移住

中国は25年末までに都市部の人口を全体の65%にしたいと考えている。19年は60.6%だった。総人口は14億人で5年間ほぼ変わらないため、約5000万人が5年のうちに農村部から都市部に移り住む必要がある。

5年で医師42万人育成

中国の公的医療制度は先進国の基準によれば資金不足だ。政府は医師の比率を25年までに人口1000人当たり3.2人に増やすことを目標としている。現在は2.9人で、さらに医師約42万人の育成が必要となる。

次ページ韓国より広い面積に植林を実施する
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT