ディズニーがビジネスの究極系とされる深い訳

GAFAだけじゃない「コングロマリット化」の威力

ビジネスの究極系はディズニーと言えるその理由とは?(写真:MN Chan/Getty Images)
2025年に世界を席巻している企業はどこかと聞かれたら、だれもがGAFAと答えるでしょう。彼らは1つの業種だけでなく、多岐の業種にわたる「コングロマリット化」によって、世界を席巻しています。
しかし、それによって成功しているのはGAFAだけではありません。ディズニーも映像だけではなく「コングロマリット化」を成功させています――そう語るのは『2025年を制覇する破壊的企業』の著者であり、ビジネスとテクノロジーをつなぐベンチャーキャピタリストである山本康正氏です。同氏いわく「ディズニーはビジネスの究極系」ということ。どういうことなのか。同氏に聞きました。

コロナが業界全体の進化を加速

コングロマリット化を実行し、成功している企業の1つ。それはディズニーこと、ウォルト・ディズニー・カンパニーです。

ディズニーはもともとテーマパークとアニメーションからビジネスをスタートさせました。その後、グッズ販売や3Dサービスなども展開していきますが、アマゾンのように、すべてのタッチポイントでお客様を満足させています。

ディズニーという共通の世界観で、どのような業態にあっても消費者を満足させている。企業にとって何が大事なのか、ディズニーはまさしく体現していると思いますし、これから先の未来でも生き残る、数少ない企業だと言えます。

GAFAももちろん、映像業界に参入しています。アマゾンであればアマゾンプライムビデオ。グーグルはユーチューブ。フェイスブックはインスタグラムです。これらGAFAが映像ビジネスを行ううえでのトレンド、キーワードは何か。人工知能を活用したレコメンデーションです。

たとえば、プライムビデオで観ていた映画に登場していた女優さんの衣装がおしゃれで欲しいと思ったとします。それが2025年には、ボタン1つで購入できる。そんな世界です。

実際、フェイスブックはインスタグラム上で近い物販サービスを展開しており、いま紹介したようなサービスが、2025年までには形になっている可能性は高いです。

次ページいろんな分析が可能に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT