今の為替は「金利」と「コロナ対応」で動いている

2020年の「需給の厚み」で動く相場は一巡した

もちろん、アメリカの金利上昇に対してFRB(連邦準備制度理事会)がイールドカーブに今後介入してくれば、ある程度は円安・ユーロ安の動きが止まってくる可能性はある。しかし、いったん介入すれば、日銀のように足抜けが難しくなる以上、市場で観測が浮上しているツイストオペ(短い期間の債券を売って、長い期間の債券を買うことでカーブの勾配を抑える)などは早々には決定してこないのではないかとみる。

また、仮に、そのような政策調整があったとしても「アメリカと日本の金利差が大きい」という事実が解消されるわけでもあるまい。筆者は年内のドル円相場の高値を111円(到達は10~12月期)と予想し、おそらくそれもワンタッチで戻ってくる程度ではないかと考えてきた。

しかし、ワクチン接種と感染者ピークアウトのペースが想定以上に早く、しかも為替市場がそれに目をつけ始めている現状を踏まえると、110円台定着というシナリオも検討に値するのかもしれない。そこまで考えなければならないのかどうかは、まずは3月16~17日のFOMCの声明文、そしてパウエルFRB議長の会見のトーンを見極めたい。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT