新型「ヴェゼル」賛否両論デザインの是非を問う

正常進化ではなくトレンド満載を選んだ理由

新型「ヴェゼル」は「CX-ハリアー」と揶揄されることもあるようだが…(写真:本田技研工業)

2月18日に世界初公開された2代目ホンダ「ヴェゼル」のデザインに対して。賛否両論が巻き起こっている。

2013年12月にデビューしたヴェゼルは、Bセグメントと呼ばれるコンパクトカーのカテゴリーに向けて送り出されたSUVだった。同じカテゴリーの日本車は当時、日産「ジューク」ぐらいで、ヨーロッパでもプジョー「2008」、ルノー「キャプチャー」などしかなく、コンパクトSUVでは先発組だった。

ヴェゼルはコンパクトカーの「フィット」で実績を積んだセンタータンクレイアウト、つまり前席下に燃料タンクを置くことで後部空間を使いやすくした独創のパッケージングを採用。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

それでいてスタイリングは大胆なウェッジシェイプでダイナミックな雰囲気を強調し、インテリアもドライバーを囲むようなインパネ、高めのセンターコンソールなどで、スポーティに仕立てていた。

日本国内では発売翌年から3年連続でSUV販売台数第1位の座を獲得し、「HR-V」などの名前で展開された海外向けを含めた累計販売台数は、380万台以上に達した。この大ヒットは、デザインによるところが大きかったはずだ。

フィットやホンダeに通じるデザインに

ホンダは、ヒット作をモデルチェンジする際、デザインについてはキープコンセプトとすることが多い。軽自動車の「N-BOX」や「N-ONE」は、その代表例である。しかし、ヴェゼルは、初めてのモデルチェンジなのにスタイリングもインテリアも一新してきた。これには筆者も驚いた。

そこで資料を見ると、デザインの前にパッケージングについて言及していることに気づく。先代型の資料では、まずデザインについて説明し、次にパッケージングを紹介していたのとは逆の順番だ。

ボディサイズの数値は未公表だが、先代型から大きく変えていないとしており、センタータンクレイアウトも継承されている。

丸っこいスタイリングから一転して直線基調に(写真:本田技研工業)

その中で運転しやすい視界、ゆとりの後席空間、実用的な荷室を作り上げたという。

その結果が、運転席から直視できて車両感覚が掴みやすいノーズ、水平基調のサイドのキャラクターラインやルーフライン、台形のサイドウインドーなどにつながっているというわけだ。センタータンクレイアウトならではの空間効率の優位性を、見た目でもアピールしにきたのだと感じた。

この方向性は、昨年モデルチェンジしたハッチバックの「フィット」、同じく昨年日本で発売された電気自動車「ホンダe」とも共通する。

次ページコンパクトカーは“この路線でいく”
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT