有名財閥CIOは金利はまだ下がると逆張るのか

10年物米国債はマイナス圏にまで下がる可能性

グッゲンハイムのスコット・マイナード最高投資責任者(CIO)は、米景気回復に向けた取り組みを受けて、利回り上昇は不可避とする最近の米国債市場のコンセンサスを受け入れていない。

マイナード氏は、政府の財政刺激策で急増した資金が国債などの確定利付き証券に流入するのに伴い、米5年債利回りは過去最低の0.10%に低下する可能性があり、10年債がマイナス圏に沈むことも考えられると指摘する。同社の指標国債利回りのモデルでは、2022年1月にマイナス0.50%で底入れが見込まれている。

マイナード氏は2日のリポートで「現時点で避けることができないと考えられている結論は、長期金利の途切れない上昇軌道だ」とした上で、「歴史は異なるシナリオを伝えている」と指摘した。

次ページ公的支援で溢れかえるマネーを債券市場がひきつける
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT