有名財閥CIOは金利はまだ下がると逆張るのか

10年物米国債はマイナス圏にまで下がる可能性

グッゲンハイムのスコット・マイナード最高投資責任者(CIO)は、米景気回復に向けた取り組みを受けて、利回り上昇は不可避とする最近の米国債市場のコンセンサスを受け入れていない。

マイナード氏は、政府の財政刺激策で急増した資金が国債などの確定利付き証券に流入するのに伴い、米5年債利回りは過去最低の0.10%に低下する可能性があり、10年債がマイナス圏に沈むことも考えられると指摘する。同社の指標国債利回りのモデルでは、2022年1月にマイナス0.50%で底入れが見込まれている。

マイナード氏は2日のリポートで「現時点で避けることができないと考えられている結論は、長期金利の途切れない上昇軌道だ」とした上で、「歴史は異なるシナリオを伝えている」と指摘した。

次ページ公的支援で溢れかえるマネーを債券市場がひきつける
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT