中国、半導体でもこれからの「第3世代」に照準

自力で世界的半導体メーカーの育成を目指す

わずか20年で中国は人間を宇宙に送り込み、空母を建造し、ステルス戦闘機を開発した。新たな超大国は今、半導体分野でも再びその力量を立証しようとしている。

習氏、中国でテクノロジー革命で欧米依存脱却目指す

世界2位の経済大国が挑もうとしているのは、中国の未来にほかならない。北京で5日開幕する全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で示される新たな5カ年計画に半導体覇権を狙うための青写真が正式に盛り込まれる。実用面に野心を重ねた多層的な戦略に基づき、米インテルや台湾積体電路製造(TSMC)と肩を並べる半導体メーカーの育成を目指す。核・原子力分野と同じ重要課題とし、米国の対中政策に振り回されないよう取り組む。

中国が重視しているのは、いわゆる「第3世代半導体」のようなどの国もまだ主導権を確立していない分野だ。装置やソフトウエア、新素材などを扱う新たな大企業を育て、優位に立ちたい考えで、究極的な目標は設計ソフトウエアの米ケイデンスや米シノプシス、半導体製造装置でのオランダのASMLホールディングといったその分野の基幹を成すような世界的企業に匹敵する自国企業を誕生させることだ。

次ページ米新政権もITサプライチェーンへの中国の脅威を抑制
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT