ファナックが驚異の速さで「脱コロナ不況」の訳

ロボット受注は過去最高、20%近い増益見込む

コロナ禍で受注が急減し、減益を見込んでいたファナック。一転して20%近い増益となる予想を発表した(撮影:梅谷秀司)

工場の王者・ファナックが怒涛の反撃を始めた。

工作機械の頭脳部分であるNC(数値制御)装置で世界最大手のファナックは1月27日、2020年4~12月期の業績を発表。売上高3752億円(前年同期比2.9%減)、営業利益652億円(同4.9%減)となった。

一見すると停滞しているようだが、10~12月期は売上高1448億円(前年同期比15.4%増)、営業利益329億円(同68.2%増)と大幅な増益を記録した。

一転して20%近い増益予想を発表

2021年3月期の通期業績予想も、大幅に上方修正した。ファナックが同日発表した見込みは売上高5323億円(前年同期比4.7%増)、営業利益1058億円(同19.8%増)。2020年10月に発表した従来予想から一転して、増収増益となる見通しだ。

驚きの業績予想を裏付けるのは、足元の好調な受注だ。中国ではNC装置などのFAやロボット、ロボマシン(加工機)の各部門で、パソコンやタブレット端末を中心としたIT関連のほか、建機や自動車など幅広い業種からの受注が増加。2020年10~12月期の中国向け受注高は前年同期比167%増の598億円と急増している。

ファナックの山口賢治社長も決算発表当日の説明会で「自動化の要求が高まってきており、現地の引き合いは非常に強い」と強調した。

次ページロボット受注高は過去最高を記録
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT