ファナックが驚異の速さで「脱コロナ不況」の訳

ロボット受注は過去最高、20%近い増益見込む

コロナ禍で受注が急減し、減益を見込んでいたファナック。一転して20%近い増益となる予想を発表した(撮影:梅谷秀司)

工場の王者・ファナックが怒涛の反撃を始めた。

工作機械の頭脳部分であるNC(数値制御)装置で世界最大手のファナックは1月27日、2020年4~12月期の業績を発表。売上高3752億円(前年同期比2.9%減)、営業利益652億円(同4.9%減)となった。

一見すると停滞しているようだが、10~12月期は売上高1448億円(前年同期比15.4%増)、営業利益329億円(同68.2%増)と大幅な増益を記録した。

一転して20%近い増益予想を発表

2021年3月期の通期業績予想も、大幅に上方修正した。ファナックが同日発表した見込みは売上高5323億円(前年同期比4.7%増)、営業利益1058億円(同19.8%増)。2020年10月に発表した従来予想から一転して、増収増益となる見通しだ。

驚きの業績予想を裏付けるのは、足元の好調な受注だ。中国ではNC装置などのFAやロボット、ロボマシン(加工機)の各部門で、パソコンやタブレット端末を中心としたIT関連のほか、建機や自動車など幅広い業種からの受注が増加。2020年10~12月期の中国向け受注高は前年同期比167%増の598億円と急増している。

ファナックの山口賢治社長も決算発表当日の説明会で「自動化の要求が高まってきており、現地の引き合いは非常に強い」と強調した。

次ページロボット受注高は過去最高を記録
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT