29歳棋士「えりりん」全てを将棋に捧ぐ情熱人生

「常に勝ちたい」そして「将棋を普及したい」

アマチュアからプロになったときに、壁にぶち当たることがあるという。

山口さんは女流棋士の渡辺弥生さんに、

「蒲田将棋クラブという将棋道場に強い人が集まるよ」

とアドバイスをもらい、ほぼ毎日通った。

16歳の段階では勉強と将棋の両立は無理だから、勉強は捨てようと決めた。

高校2年生のときでは勉強は学校の授業を受ける程度にし、毎日将棋を指すだけの日々だった。

「しかし父は私に大学への進学を勧めました。

『その年で大学に行った人しか経験できないこと、考えられないことがある』

と言われ、その言葉が胸に刺さったので、進学することにしました。大学に行くことで、将棋界に持ってこれるものは大きいとも思いました」

将棋界にずっといると、どうしても価値観が凝り固まってしまいがちだ。

だが将棋を見るお客さんたちの目線になるには、大学に行っていろいろな人の価値観に触れたほうがいいと判断した。

高校3年生は、将棋の勉強もしながら、家庭教師をつけてもらい毎日3時間勉強した。

そして家から通える距離の大学に進学することができた。

大学に進み、さまざまな意見に触れる

「大学1年生のときには、半年間だけですがアメリカンフットボールのサークルのマネージャーになりました。朝の練習会に行って、バケツを持って走っていました」

短い期間だったが、友達もできたし、別大学の人の話を聞くこともできた。

「そこで聞いたのが、

『人生にはマネージャーとしての生き方と、プレイヤーとしての生き方がある』

という話でした。自分はどういう道に進みたいのかあらためて考えて、自分はやっぱりプレイヤー的な生き方がしたいと思いました」

女性は「出産する」という選択肢もあるから、より決断はシビアになる。

「いつかは結婚したい」

「そして出産もしたい」

「プレイヤー的な生き方もしたい」

という人生で何を取捨選択するか、19歳のときに真剣に考えた。

「大学を卒業したら将棋界にどっぷりになるので、学生時代がいろいろな意見に触れる最後のチャンスだったんですよね。

生き方についてはまだ結論は出ていません。でも『自分に何ができるのか?』は今もいつも考えています」

高校~大学時代は、女流棋士としての仕事もしていたため非常に忙しかった。

「毎日数時間しか眠れず死にそうでした。本当にしんどかったです。何回か寝込みました。つらかったけど、行った意義はあったと思います」

次ページ将棋関係者として覚える危機感
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT