50代で爆速進化する人が「1行日記」を書く理由

「意味」「気づき」を振り返ることの意義

「毎日の仕事や家事が忙しくて、振り返りをしたくても、なかなか時間がとれない」という方もいるでしょう。ただ、この「1行日記」を続けて思うのは、逆に振り返りの時間を持つことによって自分の時間をつくることができるということです。

過去を振り返ることによって、自分が何をすればいいのかということが自然と明確になっていきます。未来というのは、過去と現在の延長線上にあるわけですから、過去を振り返ることで、進むべき未来が見えてくるのは、当然といえば当然のことかもしれません。

逆に、僕が若い頃、振り返りの習慣を身につけていなかったときには、自分が何をしたいのかもわからず、「他人に言われたから」「みんながいいと言っているから」という理由で動くことが多かったように思います。そうすると、自分の本当の思い、何をやりたくて、何をしているときにワクワクするのかという基準がどんどん曖昧になってしまうのです。

結果的に、やりたくもない仕事を引き受けてしまったり、同じ失敗を繰り返してしまうことも多くありました。「成長しなければ」という気持ちばかりが先走り、いろいろな本を買い込んで勉強でもしてみようと思うのですが、優先順位があやふやなままなので、身につくこともありませんでした。いろんなことをやってみても、結局、自分のための時間にはなっていないのです。

しかし、振り返りを繰り返すことによって、過去と現在をつなげる線が見えるようになります。そして、その延長線上に進むべき未来が見えてきます。すると、さまざまなことがシンプルになります。

これからがこれまでを決める

自分がどこを目指せばいいのか、道筋が明らかになれば、余計なことをやらなくてすむようになります。しかもそれは、誰に言われたことでもなく、自分自身の日々の体験から発見した、自分だけの軸となるのです。

『1行書くだけ日記 やるべきこと、やりたいことが見つかる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

振り返りの習慣を持つことによって、過去の経験を糧に、自らをさらに変えていくことができます。

先日も振り返りをしていたとき、ふいに大学時代に2カ月くらいやったアルバイトのことを突然、思い出しました。そして経験を積み重ねたことにより、そのときにできなかったこと、つらいと思ったことが、30年経って解決していることに気づき、経験の大切さに気づきました。そうやって、日々の気づきだけでなく、限りなく長い時間を経て、あらためて気づくこともあるわけです。

そう考えると、人生というのは、何かスペシャルな体験をして、そこから1つ2つの学びを得るというものだけではないのでしょう。現在の自分があらゆるものから学ぼうという意思と型を持ってさえいれば、数十年前の記憶を反すうして気づきを得て、変わっていくことができるのだと思います。

「これからがこれまでを決める」という言葉があります。もちろん過去に起こった出来事を変えることはできませんが、これから自分のつくっていく未来が、過去の出来事の意味合いを変えていくのだと思います。

僕自身、振り返りを繰り返すようになって、子どもの頃に起こったいろいろな出来事や、そのときに感じていたことの解釈がどんどん変わっていっています。

今の人生に照らすと、こういうことだったのだなという新たな発見があるのです。現在の経験はもちろん、過去の経験にさかのぼり、振り返って反すうしているうちに、気づきが増えていきます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT