”食のクールジャパン”を世界に売り込む男

日本の外食は世界で稼げるのか?

それにしても、このポジティヴな考え方はどこからくるのか? 吉川氏には7億円の借金を背負った過去がある。

立命館大学を卒業した吉川氏は京都の信用金庫に就職し、融資を担当した。「将来、起業できたらと思っていたので、お金の借り方を勉強したかった。2年弱でしたが、事業計画、資金繰りなどを学びました」

その後、東京のコンサルティング会社に転職し、たまたま外食産業を担当した。これが外食との出会いだ。一年半後にベンチャー企業を支援する会社に移り、飲食店の出店サポートと多店舗展開する企業のコンサルティングを手がけた。さらに、出店のファイナンスなどを手がける店舗流通ネットに2年半ほど勤めた。

「企業ごと、あるいは10店舗、20店舗まとめてのM&Aなどを経験しました。幸いIPOまでいき、オーナーが2千万円の資本金を出してくれました」

26歳で独立して始めたのは居酒屋だった。渋谷の道玄坂に今もある、沖縄料理の「ちんとんしゃん」だ。

「単価が高いと、料理も内装も求められるレベルが上がり、難易度が高くなるので、まずは2500円~3000円の単価の安い業態から始めました」

赤字店が増えて、借金返済の日々

最初の一年は苦戦したが、2年目には黒字に転じ、焼肉、ワインバルなど、業態の異なる店を次々に出した。3年目には10数店舗、一時は25店舗まで増やした。

「やりすぎです。2005年、2006年頃で金融のマーケットがよかったので、ベンチャー企業で黒字が出ていれば、銀行が積極的にお金を貸していた時期でした。どうぞ借りてください、じゃあ借ります、みたいな感じだったんです」

しかし、出店のスピードがあまりに速すぎた。会社の仕組みがまだ固まっていなかったこともあり、赤字の店が増えて大失敗。借金は7億円に膨らんだ。

「一ヶ月は落ち込みました。でも、バンザイするか返すかのどちらかしかない。返せると思っちゃったんです」

もともとお金を貸す側にいたから、銀行の事情はよくわかる。

「みんなびっくりして逃げちゃうんですけど、銀行は逃げない人にはやさしいですよ。貸し手は逃げられるのが怖い。返してもらったほうがいいに決まっている。電話に出なかったり、夜逃げしたりしないで、ちゃんと返していけば、オイコラなんて言われません」

そこからは、赤字の店を閉めて黒字の店を増やす、スクラップ&ビルドを繰り返した。利益の出る店を作っては高く売る。金融にいてM&Aをやっていた経験が生きた。

現在、吉川氏の店は9店舗、社員は約40人。返済はほとんど終わっている。そして、「借金を返すだけの人生はつまらない。次の一手を」と考えたのが、和食での海外進出だった。

次ページなんちゃって和食の終わり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT