トヨタ、コロナ禍でも「営業益2兆円」の底力

電気自動車の本格展開はいよいよ不可避に

2020年11月に開かれた中国・広州モーターショーで披露されたトヨタ自動車の新型セダン。トヨタは中国市場で絶好調だ(写真:新華社/アフロ)

トヨタ自動車がコロナ禍からの驚異的な回復力を見せている。

2月10日に発表した2020年4~12月期決算は、売上高が前年同期比15%減の19兆5252億円、営業利益は同26%減の1兆5079億円と減収減益だった。

ただ、10~12月期の営業利益は9879億円と、四半期としての過去最高を更新。自動車販売は堅調で、通期の営業利益予想を従来の5割増となる2兆円(前期比16・6%減)に引き上げた。グループの総販売台数計画も2020年11月時点の942万台から973万台(同7%減)に上方修正した。

5年ぶりに世界首位に返り咲き

「当たり前のことを、当たり前にやった」

トヨタの近健太・執行役員は会見でこの言葉を何度も繰り返し、有事に強いトヨタの底力を見せつけた。

2020年春の新型コロナウイルスの感染拡大当初は、トヨタの販売も苦戦した。しかし、9月からは4カ月連続で前年同月実績を上回り、単月として過去最多の販売台数を更新し続ける。2020年のグループ販売台数では5年ぶりにドイツのフォルクスワーゲン(VW)から世界首位の座を奪還した。

経済回復が先行した中国市場では、前年比11%増となる過去最多の約180万台を販売(2020年実績)。コロナ禍の影響が比較的小さい高級車「レクサス」が2ケタ増で過去最高となったほか、新型の「RAV4」や「カローラ」も寄与した。一方、ライバルのVWは低価格帯の販売低迷が響き、同9%減に沈んだ。

中国では中古車市場での下取り価格の高さもトヨタの強みだ。「新車購入から3年後の残価率はVWが60%台前半であるのに対し、トヨタは75%。コロナ禍で顧客の車選びは慎重になっており、燃費や耐久性といった品質面でトヨタ車の評価が高い」(みずほ銀行法人推進部の湯進・主任研究員)。

最重要市場のアメリカでもトヨタは健闘している。2020年の新車販売は211万台と前年比11%減だったが、全米の新車需要の落ち込み(14%減)よりは傷が浅かった。12月の新車販売は前年比2割増を達成し、売れ筋のSUV(スポーツ用多目的車)を軸に新型車の積極投入で消費者を惹きつけた。

次ページコロナ禍で強化された企業体質
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT