【産業天気図・アパレル】消費低迷で終始「曇り」、高額衣料の苦戦目立つ

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

アパレル業界は2010年4月から1年間、終始「曇り」になりそうだ。低価格衣料を強みとする業態は堅調を維持するが、百貨店など高額衣料は引き続き苦戦を強いられそうだ。消費者の購買意欲が乏しい中で、前年度に鮮明となった勝ち組負け組の二極化構造は続く。

ファーストリテイリング<9983>の主力業態「ユニクロ」は既存店売上高が3月、前年同月比16.4%減と落ち込んだ。今10年8月期業績は営業増益を確保する見通しだが、成長鈍化は否めない。夏に向け本格展開する機能性肌着「シルキードライ」と「サラファイン」が、前期比約2倍の計画を達成できるかなど、商品開発やプロモーション面での展開が高成長回復のカギを握る。

業界2位のしまむら<8227>は、前期に品切れを起こした機能性PB衣料「ファイバードライ」、「ファイバーヒート」を前期の3倍となる5000万点以上を展開する方針。同商品の製造量を拡大することでボリュームメリットも享受でき、利益面にも貢献する見通し。

一方、紳士服業界は引き続き厳しい。総合スーパー(GMS)のイオン<8267>が7800円の新スーツの展開を開始したほか、西友も5000円のスーツを販売するなど低価格化が進行している。紳士服最大手の青山商事<8219>は、最大の書き入れ時となる3月の既存店売上高が客数減と単価低下で同8%減と苦戦した。購買数が景気に左右されにくいと言われる3月のフレッシャーズ商戦で減収となった痛手は大きい。GMSに客を奪われ、同時に低価格攻勢でさらなる単価下落も余儀なくされており、厳しい一年となりそうだ。

百貨店を中心に高額衣料を展開するオンワードホールディングス<8016>やワコール<3591>も、百貨店の売り上げ回復が見込めず低迷が続く。ただ、年明けからユナイテッドアローズ<7606>やサマンサタバサ<7829>など、中高価格帯の専門店は好調に推移している。ユナイテッドアローズは、丈の短いスーツを発売し、若者に新たなトレンドを創出、同商品の販売が好調で収益を押し上げているという。市場に認められる新たな価値を生み出せば、高額衣料業態でも業績が上向く可能性もありそうだ。
(鈴木良英)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。