知って驚く「山手線貨物駅」の現在の変貌ぶり

かつて「東京の台所」も支えた物流拠点の今と昔

このうち田端には、全国各地からやって来た貨物車両を目的地に合わせて編成替えする操車場が設けられたが、その後貨物駅の業務請負もこちらに移管され、田端操駅(そうえき)と呼ばれた。

一方、“下町”側は1890年に日本鉄道が上野―秋葉原間を貨物線として延伸すると、1914年に官営鉄道が新橋―東京間を建設して東京駅が誕生。旧新橋駅は貨物専用の汐留駅になった。その後この東京駅に中央本線が乗り入れることで神田駅が誕生し、残る秋葉原―神田間が開通して山手線が環状運転を始めたのは1925年だった。

山手貨物線、つまり品川―新宿―田端間の複々線化による貨物専用線が開通したのも同じ年である。ただし下町側の貨物列車はその後も北側は秋葉原、南側は汐留駅止まりで、貨物駅は秋葉原と汐留のみだった。

ビールで有名な恵比寿

なぜ貨物駅が生まれたのか。多くは遠方から鉄道で運んできた貨物を下ろし、別の交通手段で目的地に運んでもらう中継地点としての役目だった。

恵比寿駅付近の山手貨物線を走る貨物列車(筆者撮影)
再開発された大崎駅の西口(筆者撮影)

しかし恵比寿駅だけは、近くにあったサッポロビール(駅開設当時は日本麦酒醸造会社)工場からのビール輸送のために作られた。恵比寿という駅名や周辺の地名が、この地で作られたヱビスビールに由来していることは有名だ。工場は1988年に閉鎖され、「恵比寿ガーデンプレイス」に生まれ変わった。

なお工場閉鎖直前には、引き込み線にEF58形電気機関車と旧型客車を置き、ビアレストランを営業していたこともある。また貨物駅の敷地は、貨車にマイカーを積んで移動する「カートレイン」の発着場としても使われていた。

一方、貨物駅の開業を契機に周辺に工場が建設されたのが大崎駅である。1901年に誕生した大崎駅は、山手線から東海道本線横浜方面に向かう線路、東海道本線側の分岐点である大井聯絡所(現在の大井町駅)とともに生まれた。つまり当初は分岐点としての役目が主であり、駅周辺には池と水田があるぐらいだったという。

次ページ貨物駅の発展と再開発
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT